ターンオーバーとは!?肌サイクルを意識して効果的なスキンケアを!

スポンサーリンク

美肌の鍵を握るのはターンオーバーだってご存知ですか?古くなった角質が新しい細胞に生まれ変わることで美しい肌が保てます。現代人の乱れがちなターンオーバーを正常に保つための方法、スキンケアをご紹介します。

ターンオーバーとは?

人の肌は表皮、真皮、皮下組織からなります。さらに表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層からなります。新しい細胞は基底層で作られ上に押し上げられます。古くなった角質層は垢などとなって剥がれ落ちていきます。これがターンオーバーです。一般的にターンオーバーは28日の周期だと言われています。

ターンオーバーは体の部位によって違いがあり、血行の悪い末端などはもう少し遅いと言われています。20代では28日周期のターンオーバーですが、40代では60日程度まで伸びてしまうのです。ターンオーバーが正常に行われないと肌がくすんだり、ニキビができたりと肌トラブルを招いてしまうのです。

ターンオーバーが早すぎると?

ターンオーバーを早くすればいいんじゃないかと思われる方もいるかもしれませんが、早ければいいというものでもないのです。早くても遅くてもトラブルのもとになります。

ターンオーバーを早めるということは、基底層で作られた細胞が未成熟のうちに角質層まで上がってきてしまうということです。未成熟の細胞は水分を保持する力が弱く乾燥しやすくなるために固くなり、しわの原因にもなります

ターンオーバーを正常に保つためにやっておきたいこと

ターンオーバーを正常に保つにはスキンケアだけではなく普段の生活でもできることがあります。

1.十分な睡眠をとる。
睡眠中にターンオーバーが行われます。最低でも6時間の睡眠を取りましょう。
2.バランスの取れた食事。
タンパク質、ビタミンA、B群、C、E、亜鉛、がターンオーバーを促進させる栄養素です。細胞の合成に必要な亜鉛は不足しがちです。牡蠣、カニ、玄米、納豆などに含まれます。亜鉛はビタミンCと一緒に摂取することで吸収率が上がります。
3.ストレスをかかえない。
なかなか難しいことですが、ストレスを抱えることで血の巡りが悪くなり、代謝がわるくなります。なるべくストレスのかからない生活が美肌への近道です。

ターンオーバーを正常に保つためのスキンケア

肌が汚れているとターンオーバーが乱れる元になります。就寝前にはメイクをしっかりと落とし、肌を傷つけない泡洗顔で清潔に保ちましょう。洗いすぎることは角質を落としすぎる原因になりますので、泡を顔につけている時間は30秒から1分までにしましょう。そしてすすぎはしっかりと20から30回はすすぎます。洗顔料に含まれる界面活性剤が肌に残らないようにしましょう。

剥がすタイプのパックは角質まで剥がしてしまうのであまりおすすめできません。洗い流すタイプかシートタイプのパックなら肌を傷つけることはありません。嫌われがちな角質ですが、肌のバリアとしての役割もあるので落としすぎには注意してください。朝のスキンケアの最後に忘れてはならないのが日焼け止めです。紫外線ダメージは肌を傷つけます。紫外線をしっかりとガードしましょう。

スキンケアのやりすぎに注意!

肌には自分自身で修復する機能があります。ケアをしすぎることは肌の機能を弱めてしまうことにもつながります。クレンジング、洗顔、保湿、この基本的なスキンケアを丁寧にするだけで十分です。パックなどのスペシャルなケアは週に1度程度にしましょう。

よく読まれているオススメ記事

スキンケアの基本をおさらい!正しい洗顔の方法とポイント
意外と知らない!?フェイスパックの特徴と効果的な使い方!
紫外線からお肌を守ろう!冬でも日焼け止めが必須な理由
塩洗顔が話題の理由!ニキビ予防にも効くその効果とは
スポンサーリンク

サイト内検索