美肌になりたい方に!スキンケアの基本を確認しよう!

スポンサーリンク
毎日行っているスキンケアですが、正しいスキンケアをご存知ですか?
基本的なことなのでなかなか人に聞く機会もなく、正しいスキンケアの知識を持っていない方が多いのではないでしょうか?
今さら聞けないスキンケアの基本知識をご紹介します。 毎日のスキンケアを正しく丁寧に行うだけで 高級なスキンケアアイテムを使わなくても美肌を手に入れることができます。
正しいスキンケアで美肌を手に入れましょう。

クレンジングの基礎知識

1日のメイク汚れ、皮脂やほこり汚れをリセットするのに欠かせないクレンジング。
スキンケアにおいて汚れを落とすことが1番重要です。
メイク汚れが残っていると毛穴開きや毛穴の黒ずみを招いてしまうだけでなく色素沈着を引き起こします。
また、ファンデーションなどの油分が酸化して肌の老化を招きます。恐ろしいですよね。
メイク汚れは一刻も早く落とすことが美肌への近道です。
ではクレンジング剤はどんなものを使えばよいのでしょうか?
オイルタイプ、ウォータータイプ、ミルクタイプそれぞれの特徴をご紹介します。

オイルタイプのクレンジング


オイルはファンデーションとよくなじむのでメイク汚れが一番よく落ちます。 しっかりメイクの時に使うのがおすすめです。反面乾燥しやすいのが難点です。

ウォータータイプのクレンジング


こちらはさっぱりとした使用感が人気 です。界面活性剤を多く含むのでメイク汚れはよく落ちます。コットンに含ませてふき取る方法ですので肌に摩擦が起きやすいのが難点です。

ミルクタイプのクレンジング


こちらは一番 肌に負担がかからないクレンジング剤です。洗浄力は弱めなので、しっかりメイクの時はポイントメイク用クレンジングとの併用がおすすめです。

化粧水の基礎知識

洗顔が終わったらなるべく早めに化粧水をつけましょう
肌が乾燥を感じる前に水分を与えることがとても大切です。手で付ける方法とコットンで付ける方法があります。
手で付ける場合は体温によって温められることで浸透しやすいというメリットがあります。
コットンで付ける場合はそのあとコットンパックとして使えたり、コットンに残った化粧水を腕などにも付けられるというメリットがあります。

手で付ける場合


手のひらに化粧水を取り、両手でよくなじませ少し温めてから顔を包み込むようになじませます。
顔をたたいたりする必要はありません。やさしく包み込んでください
体温で温めることで肌によくなじみます。これを数回繰り返します。
肌がもっちりとした感触になるまでしっかりと化粧水を浸透させます。

コットンを使う場合


コットンに化粧水をたっぷりと取ってやさしく押さえるように肌に付けていきましょう。
コットンの場合でもパッティングではなくしっかりと押さえることで肌への負担を減らし、化粧水をしっかりと肌に付けることができます
コットンが乾いてきたら化粧水を足してまたやさしく押さえます。手で付けるとき同様、肌がもっちりとするまで続けてください。
化粧水は1種類と決まっているわけではないので効果別に数種類を重ね付けするのもおすすめです。

乳液の基礎知識

乳液には化粧水で保水した水分の蒸発を防ぐ「蓋」の役割と保湿の役割があります。化粧水でしっかりと保湿した肌にはよりなじみます。
化粧水のようにたっぷりの必要はありません。商品に記載されている使用目安量で大丈夫です。
乳液も手で付ける方法とコットンで付ける方法があります。
付け方は化粧水と同じくやさしく包み込むようになじませること。コットンの場合は 化粧水で使用したコットンに乳液を重ねて付けるのがおすすめです。
乾燥が気になる目元や口元は指を使って重ね付けしましょう。

クリームの基礎知識

乳液までのスキンケアでは乾燥するという方はクリームもプラスしてみてください。
顔全体に塗る場合は、額、両頬、鼻、顎の5点に置いて、そこからやさしくのばしていきます
目元、口元のみの場合は乳液と同じく指の腹でやさしく、こすらずになじませます
朝、起きた時に肌がさらっとしている方は肌が乾燥しています。夜のスキンケアにクリームをプラスするのがおすすめです。

今までのスキンケアアイテムでも美肌に

肌の調子がイマイチだと思ったら、スキンケアのやり方を見直してみてください。
難しいことは何もありません。スキンケアアイテムを変える前に、使い方を変えるだけであなたの肌が変わるかもしれませんよ

SPICE厳選クレンジング>> 高濃度炭酸で毛穴の黒ずみスルッとオフ。炭酸美容液クレンジング

スポンサーリンク

サイト内検索