塩洗顔が話題の理由!ニキビ予防にも効くその効果とは

スポンサーリンク

クレ・ド・ポーのモデルも務めるハリウッド女優のアマンダ・セイフライドが実践していることで話題になった塩洗顔。塩で洗顔するという簡単ケアも人気の秘訣。ニキビにも効いて肌がきれいになるというその効果と塩洗顔の方法についてご紹介します。

塩洗顔で期待できる効果とは?

■ 血行をよくし、新陳代謝を促す。
塩に含まれるミネラルは肌から吸収されます。そして血管を通して体内にも取り入れられ、全身に行きわたります。結果、老廃物を体外に排出する手助けをすることになります。

■ 角質をやわらかくする。
ミネラルにはタンパク質を溶かす効果があります。それにより角質をオフできます。角質がやわらかくなることで化粧水の浸透がよくなり、スキンケアの効果をアップさせてくれます。

■ ニキビを改善。
塩に含まれる抗菌作用により、肌を清潔に保ちニキビを改善に導いてくれます。赤味の強い炎症性のニキビには刺激が強いので使用しないでください。

■ 毛穴の皮脂汚れを落とす。
食塩水の浸透圧により、毛穴に詰まった皮脂汚れを排出してくれます。

塩洗顔に使う塩はミネラルの多いものを

手軽にできるのが魅力の塩洗顔。ご家庭にある塩を使用して大丈夫です。ですが、岩塩にはミネラルがほとんど含まれていないので塩洗顔の効果を十分に得ることはできません。海水塩がおすすめです。沖縄の「雪塩」や「ぬちまーす」など、ミネラルが豊富に含まれている塩がおすすめです

塩洗顔の方法

直接肌に塩を塗り、こする方法もありますが刺激が強いので飽和食塩水で洗う方法をご紹介します。

1.ぬるま湯で飽和食塩水を作る。
温度にもよりますが、100gのぬるま湯に30g弱の塩が溶けます。容器の底に少し沈むくらいの濃度のものを作ってください。

2.ぬるま湯で顔を濡らしてから飽和食塩水でやさしく洗います。
こする必要はありません。何度が繰り返すとだんだんと皮脂が溶けだしてきます。飽和食塩水が冷たいと皮脂が固まってしまうので必ず人肌以上の温度にしてください。

3.最後にきれいなぬるま湯でゆすぎます。
その後、冷水で引き締めると毛穴が引き締まります。週に1度程度の使用がおすすめです。

塩洗顔をもっと効果的に取り入れたい!

塩洗顔の美容効果とその方法についてご紹介してきました。もっと効率よくその効果を取り入れたいという方におすすめなのが塩洗顔専用の洗顔料です。毎回塩水を作る手間をはぶき、塩の美容効果を効率的に取り入れることができます

ベールアンドコーの「マイルドソルトウォッシュ 」は食用の塩ではなく特別に作られた美容用の塩を使用しています。食用よりもさらに粒子を細かくし、角を丸く落とし肌への負担を減らしています。加えて配合されている天然素材のベントナイトとゼオライトが汚れ吸着の効果をさらにアップさせています。

毛穴汚れをきれいにするだけではありません。細胞の若返りを促進させるローヤルゼリーまで配合の贅沢な洗顔料なのです。塩洗顔に興味はあるけど、肌への負担が心配な方やもっと効果的な美容法を探している方は試してみてはいかがでしょうか。

塩洗顔でトラブル知らずの肌に!

話題の塩洗顔、顔はもちろんのこと頭皮にもいいのでぜひ全身塩美容を試してみてください。ニキビなどのトラブルの改善に役立つかもしれません。傷口がある場合は塩がしみますので使用を避けてくださいね。

ベール アンド コー
スポンサーリンク

サイト内検索