肌のポツポツを治そう!効果的な角質・イボの治療方法

スポンサーリンク

首や二の腕のポツポツに悩んでいる方も多いのでは?実はこのポツポツはケアすれば治ります。放置していた方必見!ポツポツには早めのケアを。ツルツル肌を目指しましょう♪

ポツポツの2大部位は二の腕と首!

肌のポツポツの悩みで最も多いのはやはり二の腕と首です。目立つところなので気になるという方が多いようです。二の腕と首、どちらも撃退したいものに変わりありませんが、ポツポツの種類と原因は違うものなのです。部位別に原因と対処方法をご紹介しますね。

二の腕のポツポツの正体は?

二の腕のポツポツ、半袖やノースリーブの季節には気になりますよね。ザラザラポツポツしたもの、正式名称は「毛孔角化症」といいます。ポツポツの中身は角栓です。毛穴周辺に角質、角栓がつまり、隆起したものがその正体です。原因はまだはっきりとは究明されていませんが、遺伝によるものが大きいようです。

毛孔角化症の治療方法

毛孔角化症の大敵は乾燥です。しっかりと保湿をすることが重要です。また、ポツポツを無理やりつぶしたりするとばい菌が入って炎症を起こすこともあるので無理にこすったりしないことも重要です。血行を促し代謝を促進することも重要です。毛穴角化症は皮膚疾患ですから、皮膚科で治すことができます。

首のポツポツ、その正体はイボ!

「イボ」なんて聞くと少しショッキングですが、首のまわりにできたポツポツの正体はイボなのです。一言にイボと言ってもいくつかの種類があります。代表的なものをご紹介しますね。

■ アクロコルドン:2~3ミリの小さい肌色のもので主に加齢によってできます。柔らかいのが特徴で、良性の腫瘍です。

■ スキンタッグ:1~2ミリの小さいものですが大きくなることもあります。加齢や紫外線が原因のひとつとも言われています。色も少し褐色がかっている場合もあります。

■ 尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい):いわゆるウイルス性のイボです。主に手足にできることが多いので首にはあまりできません。放置すると増えてしまうので早めに皮膚科を受診するのをおすすめします。

首のポツポツの予防方法と治療方法

予防方法

二の腕のポツポツと同じく、乾燥には注意が必要です。首までしっかりとスキンケアをしましょう。また、紫外線も首のイボの原因になりますので日焼け止めも塗ることをおすすめします。

治療方法

イボに効く漢方として有名なものは「ヨクイニン」です。ハトムギの種子の皮をむいて採取される漢方です。漢方薬として売られていますので薬局で購入することができます。イボも皮膚疾患ですから皮膚科での治療が有効です。

皮膚科に行かずに治したい!

どちらのポツポツも皮膚科で治るものですが、それほどでもないという場合も多いものです。そんな方におすすめなのが「艶つや習慣」です。この「艶つや習慣」は首や二の腕のポツポツに着目して作られたオールインワンジェルです。

イボなどの角質粒を柔らかくして根元からポロリと取ってしまうのです。その秘密はたっぷりと配合されたアンズエキスとハトムギエキス。アンズエキスに含まれたパルミトレイン酸がターンオーバーをサポートし、ハトムギエキスがザラザラ肌をなめらかにしてくれます。そのほかにもプラセンタエキス、アロエベラ、ヒアルロン酸などの美容成分がたっぷり入っているのでオールインワンのケアでも健やかな肌を保ってくれます。

使い方は簡単。さくらんぼ大を手に取り、やさしくマッサージするように肌にすりこみます。やさしく、たっぷりがポイントです。もっとたっぷり使ってお風呂でパックすればさらにツヤ肌に!

ポツポツ肌、あきらめないで!

気になっていた二の腕や首のポツポツが消えれば気分もすっきりとします。いつのまにかできていたから、すっかりあきらめているという方も多いようです。あきらめずにケアしてみてください。スキンケアで悩みが解消できればいいですよね。

スキンケアを試してだめなら皮膚科を受診してみてくださいね。

艶つや習慣
スポンサーリンク

サイト内検索