紫外線からお肌を守ろう!冬でも日焼け止めが必須な理由

スポンサーリンク

冬の日焼け止め、乾燥するからと塗っていない方も多いようです。夏に比べると紫外線は弱くはなりますが、なくなるわけではありません。冬の日焼けは、夏のように黒くこそなりませんが、肌の深い部分にダメージを与えシミやしわの原因になるのです。大丈夫だと思って日焼け止めを塗らずに過ごすことはとても危険なことなのです。

そもそも紫外線とは?

紫外線とは地球に降り注ぐ太陽光線の一種です。UV-A波とUV-B波という言葉をよく聞きますよね。これらの違いは波長の長さです。

■ UV-A波の特徴

波長が長く弱いので急激に肌を黒化させたりすることはありませんが、真皮層まで届きエラスチンやコラーゲンを生成する繊維芽細胞を損傷させてしまいます。
つまり、肌の老化につながるのです。PAのあとに記載されている+値がUV-A波を防止する効果の高さです。最高はPA++++です。

■ UV-B波の特徴

波長が短く強いのがUV-B波です。一般的に言われている日焼けはUV-B波によるものです。UV-B波は肌の表皮層にダメージを与えます
SPF値はこのUV-B波を防止する効果の高さです。高いほうが日焼けを防止する効果が高くなります。

注意すべきはUV-A波

冬の紫外線は夏に比べると約半分程度ですが、油断は禁物です。
また、油断しがちな曇りや雨の日ですが、曇りなら60%、雨でも30%の紫外線が降り注いでいるのです。日焼け止めなしで外に出ることはとても危険なのです。

とくにUV-A波のダメージはすぐには表れませんし、目に見えません。肌の奥の真皮層の繊維芽細胞にダメージを与えるのです。これによりエラスチン、コラーゲンの生成が阻害され、肌のハリや弾力の低下が起こります。UV-A波は波長が長いので窓ガラスも通過します。室内にいても浴びてしまうのです

恐ろしいのはその影響が数年後にも表れるということ。今浴びているUV-A波が数年後の肌老化を招くのです。

冬のスキンケア、仕上げにしっかりと日焼け止めを

2013年にUV-A波の防御効果の新基準が制定されて最大+値が4まで上がりました。
数年後肌の為に、UV-A波に関しては冬でも最大値の物を使用するのがおすすめです。SPF値は冬の普段の生活であれば30程度で十分だと言われています。SPF値は高ければ高いほど肌に負担がかかり乾燥を招きます。

冬の日焼け止めの前にはしっかりスキンケアを行い、保湿をして乾燥から肌を守ることもとても重要です
朝、陽が昇ると同時に紫外線は降り注ぎます。室内にいる日でも、朝起きたら日焼け止めを塗ることを習慣にしてみてください。きっと数年後の肌に差が付きますよ。

スポンサーリンク

サイト内検索