手の乾燥対策。手袋で効果倍増のハンドケア方法

スポンサーリンク

冬の寒さと乾燥は顔だけでなく手にも過酷な環境です。顔のケアはしっかりするけれど手のケアにはあまり力を入れていない方が多いようです。手って意外とよく見られているのをご存知ですか?手がきれいじゃなければせっかくのネイルも効果半減。顔だけでなく手もしっかりスキンケアをして指先までキレイな女性を目指しませんか?

用途に合ったクリーム選びを

ハンドクリームと一言でいっても種類は様々です。間違ったハンドクリームを選ぶと改善が見られないばかりか症状が悪化してしまうこともあります。ご自分の症状に合ったハンドクリームを選ぶことはとても重要なんですよ。

あかぎれやしもやけには血行促進タイプを

重度のあかぎれやしもやけの場合は治療薬を使うのがおすすめですが、軽度のしもやけなら血行促進をすることで予防できます。
血行促進にはビタミンEが配合されたクリームがおすすめです。指先をマッサージしながら塗ればさらに効果がアップします。

硬くなった肌には尿素配合クリームを

尿素は医薬品にも使用される成分です。その作用は、タンパク質を分解し、ターンオーバーを早めて角質をゆるやかにはがしてくれることです。それにより硬くなった肌がやわらかくなります。肌が柔らかくなることで保湿成分が行きわたり健やかな肌に導いてくれます。硬くなったかかとの角質などにはとてもよく効きます。

万能クリームのように思える尿素配合クリームですが、デメリットもあります。肌を柔らかくしてくるということは肌のバリア機能を弱めてしまうことにつながります。バリア機能を弱めてしまうということは肌荒れをしやすくなるということです。そのため、尿素配合のクリームは硬くなった肌に使い、改善が見られたら保湿タイプなど他のクリームに変えるのがおすすめの使用方法です

粉ふき肌には保湿タイプを

少し粉がふいたようになってしまった乾燥タイプにはセラミドやシアバターなど保湿成分が入ったものがおすすめです。化粧水とのダブル使いでさらに効果がアップします。朝のスキンケアのついでに手にも化粧水をなじませてください。化粧水で下地をつくることで潤いを持続させることができます。乾燥した肌にいきなりクリームを塗っても効果は半減してしまうのです。

夜の手袋ハンドケアで効果倍増

昼間、乾燥や水から手を保護することも大切ですが、夜のケアでその効果はさらに上がります。手袋をすることでさらに倍増。しっかりと成分が肌にいきわたり、朝にはしっとりすべすべの肌を実感できます。

選ぶ手袋は綿100%がおすすめです。きつすぎず、手首はほどよくフィットした脱げにくく、圧迫されにくいものが良いでしょう。手首までしっかりとクリームを塗りたいので長めの物ならなお良いです。就寝前にたっぷりつけることができるのも手袋のメリットです。べたつきが気になるワセリンも手袋なら気になりません。すべすべの手になれる手袋クリーム、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

サイト内検索