美人はオイルを食べている!肌を綺麗にするおすすめオイル3選!

スポンサーリンク

ここ数年、大人気のオイル。古くから女性たちに欠かせないアイテムだったオイルの魅力が近年、見直されています。女性の様々な悩みを解決してくれるオイルは冬はもちろん、季節を問わずぜひ取り入れたいアイテムです。

オイルと一言で言っても種類、効用は様々です。そのまま塗るのはもちろん、経口摂取に適したオイルもあります。今回は経口摂取に適したオイルをいくつかご紹介します。

体内にもオイルを補給

油は太るからと敬遠されがちですが、油は実は身体に必要なモノです。皮脂の分泌はホルモンに左右されるため、女性は30代を過ぎると皮脂の分泌が少なくなります。皮脂分泌が減ることで乾燥し小じわの原因になります。それがたるみも引き起こしてしまうんです。オイルで外からはもちろん内側からも保湿をすることが大切です

おすすめの食べるオイル

1.アボカドオイル

経口摂取におすすめのオイル、まずはアボカドオイルから。食べる美容液とも言われるアボカドは世界一栄養価の高い果実です。オイルになっても美容や健康に良い素材です。ビタミンA、B群を始め豊富な栄養素が含まれています。抗酸化作用のあるビタミンEも含まれているのでシミの予防にも効果があります

さわやかな風味なのでサラダにかけたり、野菜ジュース・トマトジュースなどに少し入れて飲むのもおすすめの摂り方です。肌に塗っても美容効果の高いオイルです。

2.荏胡麻油

次に荏胡麻油。荏胡麻油は、話題のオメガ3脂肪酸 を豊富に含んだ油です。オメガ3には血行を促進する働きがあります。これにより肌代謝を促し、くすみ防止などの美肌効果が期待できます。女性ホルモンのバランスを整えてくれるのもオメガ3の嬉しい効果。美肌との関連性の高い女性ホルモンのバランスを整えることでアンチエイジングの効果もあります

オメガ3は熱を加えない方が効果的に摂取できるのでドレッシングにしたり、味噌汁に入れたりするのがおすすめの摂り方です。酸化しやすいオイルなので冷蔵庫で保存し早めに使い切るように心がけてくださいね。

3.ココナッツオイル

最後に紹介するのは今やオイルの定番となったココナッツオイル。まだ試してない方はぜひ試していただきたいオイルです。中鎖脂肪酸を多く含むココナッツオイルは摂取してもエネルギーとして消化されるのが早いので太りにくいのが特徴です。

また、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は体内に入るとケトン体を合成します。このケトン体が体内の脂肪を燃焼してくれるのです。オイルを摂取してダイエットになるなんて驚きですよね。また便通がよくなるというのもココナッツオイルの嬉しい効果です。便通が整うことで美肌の効果も期待できます。

おすすめの摂取方法は、バターの代わりにパンに塗ったり、暖かい紅茶やコーヒーに入れて飲むこと。ココナッツオイルの融点は24度です。冷たい飲み物に入れると白く固まってしまうので必ず暖かい飲み物に入れてくださいね。ココナッツの香りでほんのりと甘みがプラスされ砂糖を入れなくてもおいしく飲むことができますよ。

毎日のオイル習慣で美人道を

どのオイルも過剰摂取は禁物です。1日の摂取目安はスプーン1杯です。どんな美容法も続けていくことで数年後には見違える効果が期待できます。ぜひ続けて摂取してみてください。

よく読まれているオススメ記事

冬の肌を乾燥から守ろう!万能すぎる馬油の効果的な使い方
美肌になりたい人必見!ホホバオイルの効果と使い方
スポンサーリンク

サイト内検索