有酸素運動は痩せるために効果的?有酸素運動のメリット5つ

imasia_12394327_XL

スポンサーリンク

ダイエットに、運動は欠かせません。

特に有酸素運動をすると、「痩せること」に直接つながります。

有酸素運動とは、ジョギング、ウォーキング、水泳、エアロバイク、エアロビクスなど、軽く息があがる程度の運動です。

これらを20分以上、または10分+10分つづけると、燃焼効果がアップします。すると、血中のLDLコレステロールと中性脂肪が減ります。

そして、有酸素運動にはヤセることのほかに、ふだんの生活にも関係する、こんな効果があります。

有酸素運動のメリット

体を動かすのがラクになる

「心肺機能、血管機能、ミトコンドリア量」がアップ

これらが高くなることで、毛細血管の数が増え、心臓が1度の脈動で届ける血液が増えます。すると、体中へ酸素や栄養を送り出す力が上がります。

さらに、エネルギーを生んでいるのは、生物の細胞内にあるミトコンドリアです。この数が増えることで、エネルギーを作る能力がアップします。
→ すると、身体を動かしやすくなります。

基礎代謝量と新陳代謝が上がり、ふだんの生活でも動く量がアップし、さらなるダイエットにつながります。

ストレス発散になる、やる気が出る

運動することそのものがストレスだ、という方は多いですが、実際に体を動かしてみると、とても良いストレス発散・気分転換になります。

これは、運動でセロトニン(幸せを感じる物質)が分泌されることが関係します。そのため、不安や落ち込みなどのうつ症状を改善させます。
→ ポジティブになれることで、仕事など色々なことへのやる気もでてきます。

よく眠れるようになる

体がほどよく疲れることで、疲労回復の機能がはたらき、睡眠の質が上がり熟睡できます。就寝の約3時間前に運動をするのがベストです。

脳の機能がアップ

脳の血行がよくなることで、脳が活性化します。
→ すると、集中力が上がり、アイデアがひらめきやすくなります。

病気の予防、骨の強さがアップ

無酸素運動よりも体に負担をかけにくい有酸素運動で、中性脂肪やコレステロールが減ります。
→ 高血圧・心筋梗塞・糖尿病・生活習慣病・脳卒中・骨粗相症・ボケ・鬱などを防ぎます。日ごろから運動する人は、死亡率も低い傾向にあります。

こんな動きでもOK

運動ではなくても、こんな動きでも効果があります。

  • 部屋をよく掃除する
  • 電車では立つ
  • 階段を使う
  • 自転車や歩きで移動する

有酸素運動で、健康な身体と生活を手に入れることができますよ!

スポンサーリンク

サイト内検索