冬は着痩せテクニックで改善!こんなファッションは太って見える

スポンサーリンク

「ダイエットはがんばってる!…けど、ヤセるまでのあいだ、この太い体をうまくごまかせる服はないかな?」

こんなふうに思ったことはありませんか?ダイエットが成功したとしても、人には骨格の問題があります。そのため、100%自分の理想の体型になれるとは限りません。

たとえば同じ身長でも、華奢に見える人とそうでない人がいますよね。

これは脂肪や筋肉の量によっても違いがありますが、そもそも骨格の大きさが違う、という点もあります。

そのため、服を選ぶときは自分の「体型の良いところを活かし、いまいちなところを隠せるもの」が良いです。ただ、太いからと言って隠せば良いわけではありません。

こんなファッションは太って見える!改善方法

△チュニック
上半身ぽっちゃりの人がよく着るチュニック。ふんわりとしたシルエットになるので、太い二の腕やお腹周りが隠せますが…着やせとは言えない場合が多いです。

上半身がぽっちゃりしていて胸も大きい人は、胸のところから生地がすとんと落ちるので、それだけ直径が大きくなってしまいます。「妊婦さん」のようになってしまう場合があるので注意しましょう。

◎ドルマンスリーブがおすすめ
上半身が気になる人には、ドルマンスリーブの服がおすすめです。ドルマンスリーブなら二の腕の太さはまったくわからないですし、胴の太さも分かりません。下はスキニーなど細見のものを合わせれば細く見えますよ。

△ロングスカート
女性に多い下半身太りの人は、ロングスカートで脚を隠してしまうことも多いですが…おなかがぽっこりしてりいると、全体的に太く見えてしまうことがあります。

◎短くて派手色のトップスと合わせる
ロングスカートで脚を隠したいとき、トップスは比較的タイトで丈の短いものにして、さらに派手なカラーのトップスにした方が良いです。

そうすれば視線が上に移るので、下半身の太さは気になりません。

◎思い切って脚を出す
脚を隠すのではなく、思い切って出してしまうのもおすすめです。トップスはボリュームのあるものにして腰ぐらいまで隠せば、大きなお尻はクリアできます。

ボトムスまでボリュームのあるもので隠そうとすると全体的に太く見えてしまうので、思い切ってショートパンツを履くのもおすすめですよ。

ショートパンツを選ぶときにはぴったりとしたものではなく、キュロットに近いようなフレアになっているタイプを選べば、脚が細く見えます。
※中途半端な膝丈のスカートを履いてしまうと…ふくらはぎの太さが強調されてしまうので避けた方が良いです。

◎スキニー+上半身ボリューム
ぴったりとしたスキニージーンズやレギンスを履いて、上半身にボリュームをプラスすると、バランスが取れて下半身の太さが目立たなくなりますよ。

着やせが上手な人は、少々太っていても周りの人には太っていると思われません。

着やせテクニックを使いこなしながらこっそりダイエットして、自信をもってどんな服でも着こなせられるよう、がんばりましょう。

スポンサーリンク

サイト内検索