痩せない原因は体型にある?ダイエット体質診断

imasia_13853155_XL(1)

スポンサーリンク

体型にはそれぞれタイプというものがあります。このタイプを知ることで、より効果的にダイエットをすることができるんです!まずは、あなたがどれに当てはまるかチェックしましょう♪ 

体型タイプ チェックリスト

体型を3タイプに分類しました!3つのチェックで一番あてはまったのが、あなたの体型タイプです。 

□低体温
□運動オンチ
□筋肉が少なめ
→タイプ1 

□運動部の経験アリ
□行動が大ざっぱ気味
□筋肉がかため
→タイプ2

□昔から運動しない
□内股で歩く
□筋肉が少なめ
→タイプ3

体型タイプ 解説

タイプ1:筋肉少なめ「パッと見ヤセてる?のっぺりさん」

  • 手足はヤセているのでパッと見は細い
  • 筋肉が少なめで、あまりみずみずしさがない
  • ウエストがくびれておらず、ポッコリおなか

学生時代もほとんど運動をしておらず、運動はニガテなほう。手足が細くておしりも小さいので、太っているようには見えません。しかし、お腹だけがポコッと出ています。 

タイプ2:ガッシリしてる「筋肉カチカチさん」

  • 筋肉が張り気味
  • 黄色人種ならではの肌色
  • 骨格、肩幅がしっかりしていてガタイがいい

学生時代に運動部としてバリバリ動いていたので、運動は得意。でも、最近運動をおろそかにしていたため筋肉が張ってしまっている人です。

タイプ3:日常的にむくみぎみ「むっちりぽっちゃりさん」

  • 色白の人が多い
  • 猫背
  • 全体的にむくんでいてぽっちゃり

ほとんど運動をせず、筋肉量は少ないです。さらに代謝も悪いので全身がむくんでいてぽっちゃりしています。おしりも大きく、X脚気味。

タイプ別オススメ改善方法!

タイプがわかったら、それぞれに合ったダイエット方法を見ていきましょう。

タイプ1:筋肉少なめ「パッと見ヤセてる?のっぺりさん」

→体を回して筋肉量を増やそう!

<オススメ改善法>

立ち姿勢を意識する
アゴを引いて背すじをのばし、おしりの穴を締めて立ってみましょう。この立ち姿を意識することで、代謝がアップします。姿見を見ながら修正するのがオススメ。

ウォーキング
上記の美しい立ち姿勢をキープしつつ、背すじを伸ばしてウォーキングしてみましょう。いつもよりやや広めの歩幅・速さで歩くのがポイント。

体ひねり
ふだん使わない筋肉が刺激されて、ヤセやすくなります。

スクワット
肩幅より広く脚を広げて、しっかりスクワット。ヒザは正面を向くように注意してください。代謝アップの効果があります。 

タイプ2:ガッシリしてる「筋肉カチカチさん」

→張った筋肉をもみほぐそう!

<オススメ改善法>

立ち姿勢を意識する
ウォーキング
肩甲骨ほぐし
筋肉がカチカチに張っていると、肩コリの原因になります。腕をまげて手の平を肩につけたまま、上に上げるストレッチが効果アリ!
二の腕ほぐし
親指で二の腕の張っている部分をグリグリ押してほぐしましょう。痛くてもちょっとガマン。2~3分程度するだけで結構ほぐれますよ。 

タイプ3:日常的にむくみぎみ「むっちりぽっちゃりさん」

→代謝を上げてむくみを治そう!

<オススメ改善法>

立ち姿勢を意識する
ウォーキング
その場ウォーキング
美しい立ち姿勢のままヒザを正面にまっすぐ上げて、その場で足ぶみしてみましょう。歩き方の改善や代謝アップの効果アリ!

股締めジャンプ
股に丸めたバスタオルをはさんで、グッと締めてジャンプします。体のゆがみやむくみを改善してくれます。

まとめ

ふだんから運動していない人は、まずちょっとずつからストレッチをしていくのが効果的です。そうすることで、劇的にヤセるというより、「ヤセやすい体」にしていくことができます。

昔に運動していていまはしていない・・・という人は、筋肉をほぐしていくことで、代謝を高めることができるので、がんばってみてください!

スポンサーリンク

サイト内検索