ダイエットが続かない!リバウンドする!そんなときの対処法は?

imasia_4759426_XL

スポンサーリンク

ダイエットをしているとなかなか結果が出なかったり、反対に体重が増えてしまったりして、イヤになってしまうこともありますよね。そんなとき、どうすればいいのでしょうか?

ダイエットのよくある悩み&対処法

Q.運動がニガテ!厳しいトレーニングがつづかない・・・
A.ニガテなことをつづけることはありません。ほかのダイエット法を試してみて! 

ダイエットには、たくさんのやり方があります。なにもニガテなことだけを無理につづけることはありません。筋トレがニガテならウォーキングをしてみるとか、食事メインのダイエットにチェンジするという手もあります。 

運動も「毎日かならず1時間筋トレしなくちゃ」と気負いしすぎることなく、まずお風呂に入ってから・・・とかリラックスしながらでいいので、少しずつ目標を達成するようにするとつづけやすいですよ。 

Q.罪悪感はあるものの、おいしいものがガマンできない!でも食べても楽しくない。
A.ガマンしないで開き直って「おいしい!」感じよう!

好きなものを食べたいけど、食べたら太っちゃう・・・と思ってしまうと、おいしく感じられない上に脂肪がついてしまうという悪循環を招きます。

ガマンして、どうしてもガマンできずに手を出す・・・という食べ方だと、ついつい食べ過ぎにもなってしまいます。そこで、逆に「おいしい!」と思って幸福を感じつつ食べる日があってもいいんですよ。

Q.意志が弱いから、いつも途中であきらめちゃう。
A.本当に必要だったら強い意志が沸くはず。どうしてヤセたいかよく考えて!

意志の問題でつづかないというのならば、なぜダイエットしたいと思ったのか考えてみてください。本当にダイエットしたいと思った理由がわかったら、それを思い浮かべることでヤル気につながっていくはずですよ。

Q.ダイエット停滞期に入ってやる気ダウン・・・どうしたら乗り越えられる?
A.スランプの時期は目標を低めにすればモチベーションが維持しやすいですよ!

ダイエットをしていると、誰にでも停滞期・スランプというものはあります。好調期と同じように考えてしまうから、よかったときを思い出して挫折してしまうんです。

そこで、停滞期はいつも以上に目標を低くしておいて、たとえ1日0.1kgでも減ったらうれしい!と思うことでモチベーションを維持しましょう。むしろ、「停滞期は1kgくらい増えてもいい」くらいに思っておくといいです。

Q.飽きっぽいからダイエットをつづけられそうにない・・・
A.やったことリストをつけることで、自己肯定感を高めてみましょう!

飽きっぽいのであれば、新しい方法をいろいろ試してみましょう。ダイエットというとTODOリストをつくって達成していく人が多いですが、そうではなく「今日はこれができた」ということを書いていけば、達成感を積み上げていけますよ。

Q.生理中はホルモンバランスが崩れてバクバク食べちゃう!
A.この時期は仕方ない、とたまには自分を甘やかしちゃいましょう。

この時期でもできる目標を立てましょう。そうすることで罪悪感を減らすことができます。ホルモンの問題で仕方ないことではありますから、自分を責めることなく、おおらかな気持ちで目標を達成しましょう。

Q.せっかくヤセてもすぐリバウンドする!
A.リバウンドをおそれすぎないで、構えるのが重要です!

「リバウンドはしたくない!」と思うことでストレスになって、つい過食に走ってしまう場合があります。「リバウンドしたらまたヤセればいい」くらいに思っていれば、反対にリバウンドしにくいものですよ!

スポンサーリンク

サイト内検索