タンパク質不足は逆効果!効率よくタンパク質を取る方法4つ

スポンサーリンク

ダイエット中に食事の量を減らす・食事回数を減らすなどして、栄養不足になってしまう人が多いです。

その中でも特に不足しやすいのは、タンパク質です。

タンパク質とは?

お肉、お魚、大豆製品、卵などに含まれる栄養成分です。わたしたちの体はタンパク質でできています。筋肉も、皮膚も、髪の毛も、すべてです。

◇タンパク質不足は、ダイエットに逆効果

タンパク質が不足すると…新陳代謝が十分におこなわれず、肌が荒れたり髪の毛がバサバサに傷んだりと、ロクなことがありません。

また、筋肉は、維持するだけでもエネルギーを消費しています。

タンパク質が不足すると筋肉が衰え、消費されるカロリーも減ってしまうので、ダイエットには逆効果です。

筋肉が不足すると…消費カロリーが減るだけでなく、体も冷えやすくなり、ダイエットにとって何一つ良いことはありません。

効率的にタンパク質を取る方法

そこで、ダイエット中にはたんぱく質が不足しないように注意しなければなりません。

ただ、お肉には脂質も多いですし、卵はコレステロールが多いから良くない、と思っている人が多いようです。

でも、そんなことはありません。

食べ過ぎはよくありませんが、最低限の量は食べるべきです。

・お肉
良質なタンパク質が豊富なので、脂身の少ない部分を選んで食べるようにします。

・卵
卵を毎日2個食べ続けても、コレステロールに影響はない、ということが分かっています。

そもそもコレステロールは悪者だと思われがちですが、強い血管を作るために、コレステロールは欠かせないものです。

コレステロールは高すぎてはいけませんが、低すぎてもいけないということを覚えておきましょう。

間食代わりにゆで卵を食べる、というのもおすすめですよ。

・魚、大豆製品
この2つはしっかり摂りましょう。魚はタンパクいつが豊富なだけでなく、DHA、EPAといった良質なオイルが豊富です。

血液をさらさらにしてくれるので、1日1食は魚を食べるようにしたいものです。

大豆製品は、実はタンパク質の「質」の部分では、肉や卵に劣ります。

しかし大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすることが分かっており、女性はしっかり摂取することをおすすめします。

もっとカロリーを抑えたいときは?

カロリーの面からどうしてもタンパク質の摂取を控えたい時には、プロテインドリンクを取りいれることがオススメ。

トレーニングのプロテインだけでなく、ダイエット用のプロテインもあり、栄養も豊富に配合されています。

プロテインと言うと筋肉増強剤のようなものだと思っている人もいますが、プロテインとは「タンパク質」のことです。

安心して飲んでくださいね。

栄養をしっかり補いながら、健康的にヤセることで、美しい体になることができます!

スポンサーリンク

サイト内検索