10代の成長期に無理なダイエットは逆効果にも

imasia_16104571_XL

スポンサーリンク

成長期には、無理なダイエットは禁物だと言われています。それはなぜでしょうか?

成長期というのは、まだ体が完成していません。骨も、筋肉も、まだまだこれから成長するものです。

そして成長するためには栄養が必要で、必要な栄養が足りていないと十分な成長ができずに、弱い体になってしまいます。

成長期のダイエットでは食事制限はしない方がいい

よく両親が、子どもが太っているからとダイエット食に変えたりする場合がありますが、あまりよくありません。

子どものダイエットの場合は、体重を減らすのではなく、体重を維持しつつ身長が伸びるのを待つ、という方法がベスト!

ただし体調にも悪影響が出ていてお医者さんの指導がある場合は別ですので、その際はお医者さんの指示に従いましょう。間違っても、独断で子どもにダイエットをさせてはいけません。

成長期のダイエットで怖いのは、栄養が不足することだけではありません。

特に10代の思春期と言われる時期のダイエットでは、細心の注意を必要とします。

思春期は、精神的にも不安定になりやすい時期です。

「中二病」という言葉もありますが、思春期には自分が何者であるのか、という興味と同時に他者からどう見られているのか、ということも非常に気になるもので、さらには異性への関心も高まる多感な時期です。

このような時期に無理なダイエットをしてしまうと、精神的にも不調をきたし、過食症や拒食症などの摂食障害にもなりやすくなってしまいます

成長期にダイエットをする場合の正しい方法

食事制限は厳禁です。3食きっちり食べることをおすすめします。ただし、不要な食事は排除することが重要です。食事は栄養のあるものをしっかり食べて、お菓子やファーストフード、インスタント食品などはなるべく避けます。

ジュースを飲んでいる人は、それもやめてお茶か水を飲むようにしましょう。コーヒーや紅茶も、砂糖が入っているものは避けます。

間食がダメなわけではないので、小腹がすいたら低カロリーなこんにゃくゼリーや煮干しなどを食べるのがおすすめです。

運動は、どんどんして大丈夫です。ただし「腹筋300回」というようなことは辞めておきましょう。

筋トレをする場合は正しいフォームで適度な回数を守らなければ意味がなく、さらにはケガの原因にもなりますから気を付けてくださいね。

有酸素運動も「1日2時間!」というような無茶はせず、30~1時間程度で十分です。

部活動をしているなら運動は足りているはずですから、あとはしっかり睡眠をとって体調を崩さないように気を付けます。

成長期に極端な食事制限をするようなダイエットをすると、かえって太りやすい体質になってしまいますから、くれぐれも無茶なダイエットはしないようにしてくださいね。.

スポンサーリンク

サイト内検索