和食&適度な運動で、健康的な妊娠生活を送るためのポイント

imasia_5540673_XL

スポンサーリンク

妊娠すると、つわりなどがあるので食事のコントロールが難しくなります。

特に食べづわりの場合、何か食べていないと気分が悪くなるのでカロリーオーバーになりがちです。

さらに妊娠中は、赤ちゃんを成長させるために「二人分食べなきゃ!」と周りから言われて食べ過ぎてしまう、という問題もあります。特に年配の方に多く、姑がたくさん食べさせようとしてくるので断れない、という人もいるようです。

ただ、妊娠中に太りすぎてしまうと赤ちゃんにも悪影響を及ぼしますし、難産の可能性や母体の健康を損ねることもあるので、太り過ぎには注意しなければなりません。

産婦人科によっては、厳しく体重指導をしているところもあります。

妊娠中のダイエットはおすすめできない

妊娠中のダイエットは、基本的にはしないでおきましょう。最近の妊婦さんは痩せすぎだと言われています。

太ることを恐れるあまり、食事を十分に摂らず、ほとんど体重が増えないまま出産を迎える人もいます。

すると赤ちゃんも小さく生まれ、それだけでなく、さらに免疫力が低下してしまっている赤ちゃんもいるので、注意が必要です。

たしかに妊娠中に太りすぎると産後のダイエットが大変になりますし、妊娠線ができてしまって見た目も悪くなるかもしれません。

でも、過剰に食事制限をして赤ちゃんに十分な栄養が行き渡らないと困ります。

妊娠中は、自分のプロポーションよりも、より元気な赤ちゃんを産むことを気にした方が良いでしょう。

・和食がオススメ
どうしても食べづわりなどで体重の増加が気になる、という人は、食事の内容に気を付けるようにしましょう。

おすすめは、和食です。

つわりがひどくて食べられるものが限られている、という場合は食べられるものを食べれば良いのですが、そうでなければなるべく和食を食べるようにしてください。

そして産後は、母乳で育てると痩せやすいと言われています。

母乳は誰でもはじめからたっぷり出るわけではなく、良い母乳をたっぷり出すには和食が良いとされています。

妊娠中から和食を食べるようにすると、レパートリーも増えますし、いずれ離乳食を作るときにも役立ちますよ。

さらに和食は、てんぷら以外は低カロリーなので、カロリーオーバーになりにくいです。

少々食べ過ぎても深刻なカロリーオーバーにはならないので、あまり量は気にせずに、しっかり食べるように心がけましょう。

・適度に運動する
妊娠中は、運動にも気を付けます。激しいスポーツはできませんが、適度な運動は必要です。

妊娠中にはなるべく安静にしておこうとだらだらと過ごしてしまう人もいますが、そうすると体力が低下してしまい、難産になったり、産後の子育てがつらくなったりすることもあります。

安産のためにも、毎日1時間ほどの散歩をすることがおすすめです。

体力を維持できれば消費カロリーも低下しないで済むので、必要以上に太ってしまう心配もありません。

適度な運動をしながら、産後に痩せやすい体を作っておきましょう。

スポンサーリンク

サイト内検索