失敗しない初めてのダイエットで必ずやるべきこと

スポンサーリンク

ダイエットを始めるときには、なんとなく始めるのではなく、スタート時点での自分の体の状態を把握しておくのがおすすめです。

自分のいまのサイズを知ろう!

体重は頻繁に測っている人が多いと思いますが、そのほかはどうでしょうか?

体脂肪率、バストやウエストなどのサイズ。こうしたものも測っておくのがオススメです。

というのも、ダイエットの効果を感じるには、時間がかかります。

脂肪は1キロ減らすために約7000キロカロリーも必要です。食事制限で摂取カロリーを減らしたり、運動によって消費カロリーを増やしたり努力していかなければなりません。

でも、体重を測っているだけでは脂肪が減ったのかどうかも分かりにくいですし、目に見えて見た目が変わってくるまでにもタイムラグがあります。

体脂肪率を測っておけば体脂肪がどれぐらい減ったのかが分かりますし、体のサイズを測っておけば、見た目にはまだ分からなくても、サイズが減ったことで、ダイエット効果を実感することができますよね。

サイズを測るのは面倒だと思われるかもしれませんが、ダイエットのモチベーションも維持しやすくなるのでぜひトライしてみてください。

健康状態も調べておこう!

また、ダイエットを始めるときには健康状態も知っておくとよりダイエットが楽しめるようになりますし、安全性も増します。

たとえば、健康診断の結果が出てからダイエットを始める、というのも良いですね。

大幅なダイエットが必要な人の場合は半年~1年ぐらいのスパンでダイエットをする必要がありますが、「来年の健康診断まで」というゴールを設けることで気合が入るのではないでしょうか。

専業主婦だったりアルバイトだったりして健康診断を受けることが無い人は、自腹で健康診断や人間ドックを受けてみるのはおすすめです。自治体によってはカンタンな健康診断なら無料のところもありますし、補助がある場合もあります。

献血で社会貢献&血液検査!

また、献血に行くと血液検査をすることもできます。

ちなみに女性の場合は50キロを下回ると400mlの献血ができなくなりますし、40キロを下回ると献血自体ができなくなります。

ダイエット前に社会貢献しておくのも良いかもしれませんね。

血液検査だけでも、体の状態の変化が分かりますよ。さまざまな数値を見ていくことで、不健康なダイエットをするリスクも減らせます。

ダイエットは体重だけに着目していると体重に振り回されることになります。

健康的で美しい体になるためには、さまざまなデータをもとにしながらダイエットを楽しむようにすると良いでしょう。.

スポンサーリンク

サイト内検索