ダイエット中の飲み会を乗り切る居酒屋の低カロリーメニュー5選!

スポンサーリンク

ダイエットをしていて困るのが、友達との飲み会はもちろん、断りずらい会社の忘年会や新年会などの誘いではないでしょうか?

飲み会が続いてしまったりすると、せっかく今までがんばってきても体重が減りにくくなり「まぁいっか」となし崩し的にダイエットを挫折してしまうことが少なくありません。

そこで、居酒屋でも、ダイエットの障害にならないメニューを頼むようにしましょう。

居酒屋メニューで選ぶべき低カロリーメニュー

  • 冷奴
  • 枝豆
  • たこわさ
  • サラダ
  • お造り

ご覧のとおり、居酒屋にも低カロリーなメニューはたくさんあります。

ダイエット中の飲み会ではサラダしか食べない、という人もいますが、それではバランスが悪すぎますから高タンパク低カロリーなメニューを選ぶようにしましょう。

お店によってはメニューにカロリー表記があるところもあるので、参考にしてみてくださいね。

ただ、さすがにこんなものばかりでは味気ないですし栄養バランスも悪いので、出し巻やほっけ、チーズなども食べると良いでしょう。

残念ですが、揚げ物は一切禁止にしておいた方が、後悔が少なくて済みます。

一番気を付けたいのはお酒

まず、酔ってきたら気が大きくなってつい食べ過ぎてしまう、という人は飲みすぎないように気を付ける必要があります。

ダイエットは基本的に長期間かけてじっくりおこなうものですから、我慢しすぎもつらいですがハメを外しすぎないように、十分気を付けておきましょう。

また、1か月程度の短期間のダイエットの場合は、微調整もしにくくなりますから禁酒することをおすすめします。選ぶお酒の種類にも気をつけましょう。

ビールははじめの一杯にとどめて、あとは焼酎の水割りを飲むのがもっともおすすめです。

他にも、ウイスキー、ウォッカ、ジン、テキーラなどの醸造酒の方が、太りにくいと言えます。

ただしカクテルの場合は糖分が多くなりがちですから、飲みすぎないようにしましょう。

カクテルならダイエット効果のあるグレープフルーツを使った、ソルティドッグやディタグレープなどもおすすめ。

そして、お酒を飲むときには、水分もしっかり摂るようにしましょう。お水をもらっておくと良いですね。

アルコールを分解するには多量の水分を必要とするので、脱水症状を起こしやすくなりますし、水分が足りないと逆に体内に水分を溜めこもうとするので翌日にむくみがひどくなります。

それでも、やはり飲み会の翌日はむくみやすくなりますし、体重も増えているでしょう。飲み会の翌日にはいつも以上にカロリー制限をするなどして調整を忘れないようにしてくださいね。.

スポンサーリンク

サイト内検索