ダイエットのモチベーションをアップさせるコツは?

imasia_13466109_XL

スポンサーリンク

ダイエットをするときには、「45キロ目標!」だとか、「目指せ50キロ!」などと、目標を決めますよね。

ダイエットの目標を決める時には、このように、体重を基準にしている人が多いと思います。ただ、体重だけを気にしていても、きれいな体型になることはできません。

体重だけを気にしても意味がない?

体重と言うのは骨、内臓、筋肉、脂肪、そして食べたものや腸に溜まっている便など、体に含まれるすべての総量だからです。

食べ過ぎた翌日に体重を測ると2キロ程度増えていることがあり、「2キロも太っちゃった!」と焦る人がいますが、この2キロは前日に食べたものや飲んだものなので、消化されて排出すればすぐに戻ります。

太るというのは脂肪がつく、ということです。

体重の増減だけで太ったり痩せたりということを気にしていれば、食事のたびに太り、トイレに行くたびに痩せる、ということになってしまいますよね。

体脂肪率が減る=脂肪が減る

気にすべきなのは、体脂肪率です。

体脂肪率というのは、体に占める体脂肪の割合です。体重が50キロで、体脂肪率が20%であれば、体脂肪だけの重量は10キロ、ということになります。

この50キロの人がダイエットをして48キロになったとしても、体脂肪率が21%になっていれば、体脂肪はまだ10キロあるということになり、減ったのは体内の水分であったり、筋肉であったり、ということになります。

ダイエットというのは脂肪を減らすのが主な目的のはずですから、ただ体重が減ったということではなく、体脂肪率にも注目するようにしましょう。

体脂肪率や骨格筋量を測れるような体組成計も数千円で購入できるので、ダイエットをするときには準備しておいてくださいね。

あらゆる部分を測定してモチベーションUP!

ちなみに、体脂肪率が変わっていなくても体重が減っていれば脂肪は減った、ということになります。

体重が48キロになって体脂肪率は20%のまま、という場合は体脂肪量は9.6キロということで、0.4キロの脂肪が減った、と考えることができます。

また、体重や体脂肪率だけでなく、体の各部位のサイズも把握しておくと役に立つでしょう。測っておくと良いのは二の腕、バスト、ウエスト、ヒップ、太もも、ふくらはぎなどです。

特にウエストなんかは変化しやすい部分なので、週に1度でも測りながらダイエットをしていると、効果が数字で見えるのでモチベーションも維持しやすくなりますよ。

体重だけでなく、体脂肪率や体の各部位のサイズ、または鏡を見たときの感じなど、さまざまな角度から自分の体を理解しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

サイト内検索