筋トレでダイエットで魅力的なスタイルやダイエット効果も!

fitness, sport, training, gym and lifestyle concept - woman with personal trainer doing sit ups in gym

スポンサーリンク

筋トレというと、ムキムキの男性がジムで重いバーベルを上げたり、プロテインを飲んだりして筋肉を大きくするなど、男性がしているイメージがあります。

でも、女性にも筋トレは必要です。きれいな体になりたいなら、筋トレは必ずおこなうようにしましょう。

筋肉は、簡単に大きくなるものではありません。

特に女性は筋肉がつきにくいので、少し筋トレをしたぐらいでムキムキになることはないので、安心してください。

女性がムキムキの筋肉になろうとすると、ハードなワークアウトを毎日行い、厳密な栄養コントロールをしなければなりません。女性ボディビルダーは、本当にすごい人たちなのです。

筋トレのメリット

1.メリハリのある身体になる!

一般的な女性がダイエットのために筋トレをがんばっても、ムキムキにはなりません。

むしろ、必要最低限の筋肉をつけることによってメリハリのある体が手に入り、ただ脂肪が少ない体よりも、魅力的なスタイルになります。

2.太りにくい身体になる!

筋肉量が増えると、消費カロリーも増えます。

これは、ついた筋肉の分だけ維持するためのエネルギーが必要になるためです。

太りにくい体を作るためにも、筋トレが重要なんですよ。

○鍛えられる部位

  • 上腕二頭筋
  • 上腕三頭筋
  • 前腕
  • 背中
  • 腹筋

○筋トレの種類

  • バーベル
  • ダンベル
  • マシン、ケーブル
  • 器具なし

筋トレには、腹筋や背筋、腕立て伏せなどの種目がありますが、大切なのは正しいフォームでおこなうことです。

間違ったフォームでおこなっていると効果がなかったり、関節を傷めたりしてしまいます。

DVDや動画を見て、正しい方法でトレーニングできるようにしてくださいね。

種目にもいろんな種類があるので、自分が鍛えたいところに合わせて選ぶようにしましょう。

3.有酸素運動の効果がアップする!

体脂肪を減らすためには、やはり有酸素運動が効果的です。

しかし…それだけだと筋肉は鍛えられず、たとえ脂肪が減ってもメリハリのない体になってしまいます。

そのワケは、脂肪は体中にまんべんなくついているので、お腹だけ痩せて胸は残すのは難しいからです。

そのため、「部分やせはできない」と言われます。

ただ、脂肪にはこんな特徴があります。

  • ふだんよく使う部位:脂肪がつきにくい
  • あまり使わない部位:脂肪がつきやすい

→ このため、普段使ってない部分を集中的にエクササイズで動かすことで、部分やせはできる!という説もあります。

とはいえ…お腹だけピンポイントで太っている、という人は少ないと思うので、まんべんなくシェイプアップすることがおすすめです。

反対に、筋肉は部分的に鍛えることができます。

[例]

・胸の筋肉やお尻の筋肉を鍛えると
→ メリハリのある体になる

・腹筋を鍛えると
→ お腹が引きしまる

脂肪を燃えやすくする筋トレのコツ

・筋トレをしてから、有酸素運動をする
ダイエットのための筋トレでは、筋トレをして身体をあたためてからジョギングなどの有酸素運動をすると、脂肪が燃え始めるのが早くなります。

・準備運動、運動後のストレッチをする
運動の前後には、準備運動のストレッチをします。運動前よりも後のストレッチのほうに時間をかけ、ゆっくり筋肉を伸ばします。

すると血液が全身に流れ、披露がたまりにくくなります。長くやり過ぎると疲れてしまうので、体をゆるめる感じでおこないます。

ジムのトレーニングマシンで筋トレすれば、ストレス解消にもなって自分に自信がつきます。

はじめは慣れないかもしれませんが、続けているうちにだんだんと楽しくなってきますよ。ぜひチャレンジしてみてください。.

スポンサーリンク

サイト内検索