メタボかも?メタボリック症候群の基準値と改善方法

Woman pinching fat from her abdomen. Close up shot

スポンサーリンク

メタボリック症候群というのは、さまざまな生活習慣病を引き起こす原因、つまり、病気の予備軍ということです。

太っておなかが出ている人のことを「メタボ体型」などと言いますが、メタボリック症候群の正確な定義を知らない人も多いのではないでしょうか。

太っている=メタボではない?

メタボリック症候群とは、「内臓脂肪型肥満」に加えて、高血糖・高血圧・脂質異常の3つのうち2つ以上に該当している状態のことです。

つまり、ただ太っているだけではメタボリック症候群とは言えません。

脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類がありますが、このうち内臓脂肪が多いことを「内臓型肥満」と言います。

といってもたいてい、内臓脂肪が多い人は皮下脂肪も多いので、太っている人は気をつけた方が良いでしょう。

内臓脂肪型肥満かどうかというのは、腹囲で判断します。男性の場合は85cm以上、女性の場合は90cm以上が基準となっています。

この腹囲というのは、おへその高さのおなか周り、という意味です。

メタボリック症候群の基準はどのくらい?

高血糖・高血圧・脂質異常のうち2つ以上に該当すればメタボリック症候群になりますが、その基準は以下のとおりです。

【高血糖】

空腹時血糖値 110mg/dL以上(糖尿病と診断される一歩手前)

【高血圧】

最高(収縮期)血圧          130mmHg以上

最低(拡張期)血圧          85mmHg以上

のいずれかまたは両方

(高血圧と診断される一歩手前)

【脂質異常】

中性脂肪                150mg/dL以上

HDLコレステロール  40mg/dL未満

のいずれかまたは両方

これの基準のうち2つ以上に該当していませんか?

メタボを改善するには?

メタボリック症候群の場合は、生活習慣の改善が欠かせません。運動習慣が無い人も多いと思いますが、運動習慣をつくることによってかなり改善されることも多いんですよ。

食事だけに気をつけていても、限界があります。

おいしく食事を楽しみたいのであれば、運動量を増やして脂肪が燃焼しやすい体作りをするのがおすすめです。

メタボの改善レシピでも紹介されるメタボメ茶

spiceがおすすめするダイエットと美容をダブルでサポートするメタボメ茶:18ヶ月でマイナス25キロのダイエットに成功した方も!

無理なく簡単にそして美味しく!ポッコリお腹をどうにしかしたいあなたに必見です。継続的に飲むことが必要ですが、2週間以降くらいからお腹が引っ込み始めます。

普段、ジュースを飲むことが日常の人ならもう少し早く効果を感じるかもしれません。会社でもちょっとした休憩に最適です。

メタボ状態のダイエット方法!

運動と言ってもジョギングやサイクリングではなく、ウォーキングで十分な効果があります。その際にはだらだら歩かずに早歩きを意識すると効果が高まります。

メタボリック症候群の場合は肥満になっている人が多いので、激しい運動よりも、軽めの運動を継続する方が体への負担も減らせます。

合わせて食事内容を改善したり、禁煙したりということで健康な体は取り戻せます。

特に血圧なんかはすぐに変化するものなので、家庭用の血圧計を用意して変化を楽しみながら取り組むと良いのではないでしょうか。.

スポンサーリンク

サイト内検索