置き換えダイエットは、どの食事と置き換えたらいいの?

スポンサーリンク

置き換えダイエットとは、一日の食事のうち一食か二食を低カロリーなダイエット食品などに置き換えるダイエット方法です。一日三食食べるとして、どの食事を置き換えれば良いのか、悩んでしまいますよね。

必見!効果が高い置き換えパターン

置き換え方法にはさまざまなパターンがあります。

一日一食を置き換える場合は、朝、昼、夜のいずれかを置き換えます。

一日二食を置き換える場合は、以下の3パターンの置き換え方があります。

パターン1:朝・昼

パターン2:朝・夜

パターン3:昼・夜

効果が高い順に並べると、

1.二食:昼・夜

2.二食:朝・夜

3.二食:朝・昼

4.一食:夜

5.一食:昼

6.一食:朝

となります。

摂取カロリーの減らしすぎはダメ

でも、基本的に、二食の置き換えはおすすめしません。摂取カロリーが低くなりすぎるので、長期間続けると体調を崩してしまいます。

二食の置き換えは、「3日間だけ」「一週間だけ」というように短期間集中でダイエットしたいときのみ採用しましょう。急激に体重を減らしてしまうと、リバウンドしやすくもなります。

落としたい体重にもよりますが、ダイエットは数か月単位で取り組む方が成功します。10キロ減らしたいから1か月に2キロずつ、5か月かけてダイエットする、というように、期間を決めておくと尚良いですね。そこで、置き換えダイエットをするなら、一日一食の置き換えがおすすめです。

ライフスタイルに合わせて置き換えよう!

もっともカロリーが多くなりがちな夕食を置き換えると効果は高いですが、空腹感が大きくなってしまうので継続しにくいです。どのように置き換えるかは、自分の食生活に合わせて決めるのが良いですよ。

まず、朝食を摂る習慣の無い人は、朝食に置き換えをして、昼食と夕食を少し減らす、という方法がおすすめです。また、仕事が忙しく休憩がきちんととれない人なら、昼食を置き換えるのがおすすめです。

ダイエットシェイクにすれば短時間で食事が済みますし、忙しければ空腹感も感じにくいので楽にダイエットできるでしょう。コンビニ弁当を短時間でかきこむよりは、断然ヘルシーですよ。

それから、夕食の時間が遅くなりがちな人は、夜に置き換えるのがおすすめです。遅くに帰宅してからがっつり食べていては太るのは当然ですし、それなら夜はダイエット食品にしてしまって早めに寝て、その分朝食をしっかり摂るようにすると栄養状態も良くなり、痩せやすくなります。

それではおなかが空く、という人は、夕方に軽くおにぎりなどを食べておいて、夜はダイエット食品だけ、というような方法もおすすめですよ。

スポンサーリンク

サイト内検索