小顔&足ヤセを目指すなら正しいリンパマッサージ

imasia_8475842_XL

スポンサーリンク

リンパマッサージとは

リンパの流れにそってマッサージすることで、血液・リンパの流れを良くします。

・リンパって?
血管と同様に全身に張り巡らされているもので、体の浄化をする役割があります。

血液は、心臓というポンプがあるので全身をいきおいよく巡っています。しかしリンパにはポンプにあたるものが無いので、筋肉の動きに押されてゆっくりと進んでいます。

運動不足だとリンパが流れにくくなり、体の浄化がうまくいかず、「老廃物が溜まっている」状態になります。
→ そこで、マッサージによってリンパの流れを良くして、老廃物をしっかり排出しよう、というのがリンパマッサージの目的です。

リンパマッサージの基本的なやり方

・強い圧力をかけずに、さするように流す
心臓に向かって流すのが基本です。

[脚の場合]
指先から始めて、上方向へ、ふくらはぎ、太もも股関節へと流していきます。このとき手の平を肌に密着させるように意識すると、上手にできます。

[首の場合]
心臓に向かって、というのが原則なので、首は下向けに流します。

[顔の場合]
顔のマッサージをするときには中央から耳に向けてマッサージし、耳から鎖骨へ流しましょう。

リンパには、「リンパ節」というろ過装置のようなものがあります。

リンパ節が詰まっているといくらリンパの流れを良くしようとしても効果が落ちてしまうので、リンパ節は円を描くようにさする・軽くトントンと叩くなどして、流れを良くしておきましょう。

・主なリンパ節の場所

  • 耳の付け根
  • 鎖骨
  • わきの下
  • 鼠径(そけい)部
  • ひざの裏など

「脚がむくみやすい」という人は、ひざの裏のリンパ節が詰まっていることが多いです。

・ジェルやオイルでマッサージする
すべりを良くするため、マッサージジェルやマッサージオイルを使いましょう。

摩擦によって肌にかかる負担を減らすためというのと、マッサージをやりやすくするためには欠かせません。

マッサージオイルは、ホホバオイルなどに精油をブレンドしてオリジナルのマッサージオイルを作っても楽しいでしょう。

お風呂で使えるマッサージジェルには、トウガラシ入りの温感タイプやソルト入りのものなどいろいろありますので、気分によって使い分けられます。

リンパマッサージのやり方は、本やネットで検索するとくわしいやり方が動画で見られます。

オススメは、一度お店で体験してみることです。

プロのリンパマッサージを受ければ感覚がつかみやすいので、家でも真似してみましょう。.

スポンサーリンク

サイト内検索