朝食は菓子パンよりトースト+スープを!甘い物のデメリット3つ

スポンサーリンク

朝、手軽に食べられる朝食として菓子パンを食べる人は多いでしょう。3時のおやつや小腹がすいたとき、ドーナツを食べたくなることもありますよね。でも…菓子パンやドーナツのカロリーと、含まれる栄養がどうなっているか、知っていますか?

菓子パンやドーナツのデメリット3つ

・カロリーが高い
たった1つで、300~500Kcalものカロリーがあります。特にカロリーが高いのはチョコドーナツ、メロンパン、アップルパイ等です。

・成分が糖質&脂質のみ
カロリーが高くても、栄養も高くて代謝をうながすような食品ならまだマシです。しかし、菓子パンやドーナツに含まれるのは、太る要素がとても多い糖質と脂質のみ。

これらを摂取しても代謝率があまり上がらず、エネルギーを燃やす量が少ないのです。

[消費するエネルギーの量]

  • タンパク質のみ食べた場合:30%
  • 糖質のみ:6%
  • 脂質のみ:4%
  • 腹持ちが悪い
    甘いもの(菓子パン、チョコ、飴など)を食べると、ぶどう糖によって体力が一時的に回復します。しかし、いちど上がった血糖値が急に下がってしまうので、すぐにお腹がすいてしまいます。

[例]
・メロンパンより、牛丼のほうが優れている理由!
メロンパン(500Kcal):ほぼ砂糖と脂質のみ
牛丼(670Kcal):ご飯には多糖類、牛丼にはタンパク質が含まれる。
メロンパンよりカロリーは高いが、栄養バランスは良い

「栄養バランスが悪く、高カロリーなのにすぐお腹がすきやすい。」菓子パンや甘いものがダイエットにおすすめできない理由がわかりました。

オススメの朝食2つ

ダイエット&ヘルシーに食べるなら、多少カロリーが高くても、栄養バランスの良いほうがオススメです。結果的に腹持ちもよく、エネルギーも消費されやすいです。

・バタートースト+スープ(クラムチャウダー)
このカロリーは約320Kcalですが、これはドーナツ1個と同じくらいです。スープで体をあたため、栄養をとったほうが良いですし、お腹もいっぱいになります。

・ご飯+肉野菜の卵炒め+みそ汁+ジャムヨーグルト+キウイ
こんなに色々食べたら太るんじゃないの?と思いがちですが…このメニューのカロリーは約490Kcal。これはメロンパン1個と同じくらいです。

しかもこのメニューなら、栄養バランスはバッチリです。少し早起きしてでも、これらの朝食をゆっくり食べることがオススメです。

糖分をとるなら、黒砂糖・ハチミツがオススメ

ダイエット向きではない砂糖ですが、糖分もエネルギーの元なので、まったくとらないわけにはいきません。

そこでおすすめなのが、「ハチミツと黒砂糖」です。

カロリー

カリウム

ハチミツ

295Kcal

13Mg

黒砂糖

355Kcal

1100Mg

上白糖

385Kcal

2Mg

100グラムあたり

ハチミツはカロリーが低く、黒砂糖はカリウムがとても多いのです。

◎カリウムのうれしい効果

  • 摂取しすぎた塩分を排出する
  • 血圧を下げる

こんな効果があるので、料理などで砂糖を使うときは黒砂糖がオススメ。

やはり、甘いものはダイエット向きではありません。たまに気分転換で食べるなら、ハチミツや黒砂糖を使った低カロリー&低脂肪のものがオススメです♪

スポンサーリンク

サイト内検索