太らない脂質の摂り方!一価不飽和脂肪酸を食べて脂肪燃焼

スポンサーリンク

脂質には、摂取すべきものと、摂取しすぎないように気を付けるべきものがあります。脂質はダイエットの敵とばかりに避ける人もいますが、必要な脂質もあるので気を付けてくださいね。

摂取したほうがいい脂質もある!

脂質と言ってもいくつもの種類があるので、摂取すべき脂質を覚えておきましょう。まず脂質には、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類があります。

このうち飽和脂肪酸というのは肉類やラードなど動物性の油のことで、極力避けるべきだと言われています。

ただ、完全に避けても良くありませんから、量を減らしておく程度にしましょう。食べ過ぎは肥満や動脈硬化の原因になりますが、食べなさ過ぎても健康を損ねます。

肉類をよく食べる人にオススメの脂質

不飽和脂肪酸は、「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分かれます。このうち一価不飽和脂肪酸は、「オメガ9系」と呼ばれるもので、オリーブオイル、なたね油、ナッツ類などに豊富に含まれています。

LDLコレステロールをさげる働きがあるので、肉類を良く食べる人は特に積極的に摂取するようにしましょう。

多価不飽和脂肪酸は、さらに「オメガ6系」と「オメガ3系」に分かれます。オメガ6系は植物性の油に含まれていますが、これは控えるようにした方が良いでしょう。

たいていの人は十分に足りていますし、摂り過ぎになっていることも多いです。たとえば調理油を、サラダ油からオリーブオイルに変えるのも良いですね。

摂取すべきオメガ3はなにに含まれる?

オメガ3系は、不足しがちな脂質で、積極的に摂取した方が良いでしょう。オメガ3系はDHAとEPAという種類があり、みなさんも名前はよく知っているのではないでしょうか?

これは魚類や海藻類に豊富に含まれる脂質で、中性脂肪やコレステロールをさげる働きがあります。脳の働きも活性化するので、必ず不足しないようにしましょう。

オメガ3系は、魚類、特に青魚に豊富に含まれていますが、普段あまり魚を食べないという人も多いのではないでしょうか?

極力魚を食べる機会を増やすように努力するほか、サプリメントで補うのもおすすめですよ。
>>ダイエットサプリの種類と目的別で選ぶ人気サプリ

このように脂質にもたくさんの種類がありますが、その中でも、不飽和脂肪酸のオメガ3系とオメガ9系は積極的に摂取し、不足しないように気を付けましょう。

そして、飽和脂肪酸とオメガ6系の脂質については、今までよりも控えめにするようにして、脂質のバランスをとるようにしてみてくださいね。

栄養バランスが整うと体調も良くなります。体調が良くなるとダイエットへも良い影響を与えるので、食事には十分に気を遣うようにしましょう。

スポンサーリンク

サイト内検索