ぽっちゃりと肥満の基準って?BMIで肥満度チェック!

Woman pinching fat from her abdomen. Close up shot

スポンサーリンク

「ぽっちゃり」と「肥満」というのは、どう違う?

肥満と言うと痩せなければならないような気がしますし、ぽっちゃりしているだけなら許される気がしますよね。

「肥満」というのは、BMI値による定義が一般的に広く知られています
BMI値とは身長と体重から肥満度を求めるもので、

体重÷(身長×身長)

で計算します。身長はセンチではなくメートルに直すので、身長160センチ、体重50キロの女性なら

50÷(1.6×1.6)=19.53125

です。19.5がこの女性のBMI値となります。

この数値が25以上の場合を肥満と分類しています。さらに、体脂肪率でも肥満度が分かります。体脂肪の場合は、

男性 20%以上
女性 30%以上

これが、肥満の定義となります。

一方「ぽっちゃり」というのは、明確な定義はありません

BMI値が25程度、体脂肪率も30%程度ならぽっちゃりと言えるかもしれませんし、人によってはBMI値が22でもぽっちゃりだと感じるでしょう。

実際、ダイエットをしている女性は多いですが、そもそもダイエットが必要なのでしょうか?ダイエットに励んでいる人の大半は、健康の面から言えばダイエットの必要はありません。

それなのにダイエットをするのは、見た目の問題が多いんですよね。

男性は、「ぽっちゃり気味の女性の方が好き」って本当?

結論から言えば、女性が思う「ぽっちゃり」と男性が思う「ぽっちゃり」には差があります
そして、女性からすれば、男性が言う「ぽっちゃり」というのは十分に痩せている女性のことであることが多いんです。

女友達に「ぽっちゃりぐらいが可愛いよ」と言われて真に受けていると、男性からは「太ってる」と思われているかもしれない、ということです。

肥満とぽっちゃりに明確な境目はなく、個人の感覚によるところが大きいのが実際のところですから、自分の体型が好きでないのであればダイエットをした方が良いかもしれませんし、自分が今の体型に問題ないと思えるのであれば、ダイエットの必要はないと言えるのではないでしょうか

もちろん、重度の肥満の場合は話は別です。

医学的には少し太り気味の人の方が健康で長生きすると言われていますが、重度の肥満の場合は糖尿病や高血圧など、生活習慣病のリスクもぐっと上がります。

重度の肥満の場合は、ダイエットをする必要があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

サイト内検索