食べすぎ・デトックスに!ハーブティー断食でイライラも解消

スポンサーリンク

食べすぎてしまったときやデトックスしたいときにオススメなのが、ハーブティーを使った断食方法です。1日だけなのでそこまでつらさはなく、身体の中もキレイになります。さらに、ハーブがストレスを緩和してくれるので一石三鳥!

ハーブティー断食はこんな効果が!

胸やけ解消
ハーブは胃の粘膜を保護する効果があるので、胸やけを改善します。

便秘解消
断食で空腹がつづくと、胃腸が活発化して便秘が解消されます。

イライラでの食べすぎリセット
食べすぎは、多くの場合イライラが原因といわれています。ハーブがストレスを緩和し、断食で心をリセットさせる効果もあります。生理前にもオススメ。

寝起きのダルさリセット
夜遅くに食べてすぐ寝ると、胃腸に負担がかかってだるさが出てしまいます。断食することで朝のスッキリ感を感じることができます。

どのハーブがオススメ?

★レモン風味でリフレッシュ「レモンバーベナ」

香りがあっさりしているので、カモミールなどのにおいが苦手な人にオススメです。リフレッシュ・リラックスの効果があり、気分を切り替えるのに向いています。

★ドキドキ・イライラに「リンデン」

温め効果・鎮静作用のあるハーブ。悩みがあってなかなか寝つけないときや、イライラしているときによいでしょう。スペアミントと合わせればさらにリラックス効果UP!

★胃にやさしい「ジャーマンカモミール」

甘い香りが特徴的で、粘膜保護や消炎、鎮静などの効果があります。お腹の張り・吐き気に効果的なペパーミントと合わせれば、より胃にやさしい!

ハーブティー断食の方法は?

【ハーブティーのいれ方】

1.ポットに茶葉を入れる(ティースプーン1、2杯)

ポットやカップを先に温めておき、ティースプーン1、2杯のドライハーブを入れます。テで入れるのであれば2つまみ程度です。

2.お湯を注いで1、2分蒸らす

ポットに熱湯を注いでフタをします。カモミールのように細かな葉・花の場合は2、3分蒸らしましょう。リンデンのように大きな葉や小枝を含むものは4、5分蒸らします。

【ハーブティー断食の方法】

ハーブティーでの断食は週末におこなうのがオススメです。例は以下になります。

金曜:(準備)夕食の量をひかえめに食事
土曜:(断食)朝・昼・夜をハーブティーだけで過ごす。食事はしない。
日曜:(復食)糖質・たんぱく質・炭水化物の食事をひかえめに摂ります。オススメはフルーツやスムージー、おかゆ・鍋ものなど胃腸にやさしいものです。
※注意:妊婦さんや糖尿病・心不全・肝機能障害の方はおこなわないでください。

スポンサーリンク

サイト内検索