ファスティング効果を発揮させるなら「●●」が重要!

imasia_18497827_XL

スポンサーリンク

ファスティングダイエット。聞いたことはあっても、チャレンジしたことがある人は少ないのではないでしょうか?

また、チャレンジしたものの、空腹に耐えられず成功させることができなかった、という人も多いと思います。

ファスティングとは断食のこと

ダイエットのためのファスティングでは、「ヨーグルト」や「酵素ドリンク」などを摂取しながら固形物を摂取しない、という方法です。

まったく飲まず食わずになるわけではありません。

水はいくらでも飲んでも良いですし、酵素ドリンクでも、お腹がすいたらいくらでも飲んでも良い、というものもあります。

ファスティングダイエットの場合は摂取カロリーを減らして脂肪を燃焼させるというよりも、胃腸をデトックスして痩せやすい体をつくる、という目的の方が重要ですから、固形物さえとらなければ豆乳やフルーツジュースを飲んでもかまいません。
(さすがに1日に何リットルも飲むのはダメですが)

でもいくら飲み物はたくさん飲んでいいとは言っても、やはり固形物を摂らないとおなかがすいてツライ、という人も多いですよね。

そこで、ファスティングを成功させるためには

  • 準備
  • 運動

がコツとなります。

ファスティングでは「復食」が重要

復食とは、ファスティングを終えてから徐々に普通の食事に戻すことで、ファスティング後にすぐに普通の食事をしてしまうと胃腸に負担をかけてしまいます。

同様に、ファスティング前もそれなりの準備が必要で、徐々に食事を減らすようにします。

ファスティング前日には高カロリーなものは避けて、夕飯はいつもの半分ぐらいの量の和食にし、主食は抜いてしまいます。

そして、ファスティングに備えてさっさと寝てしまうのがコツです。

また、運動も大事です。

ファスティング中はあまり栄養が入ってこないので静かに過ごすものだと思いがちですが、軽いジョギング程度ならむしろおこなった方が良いのです。

運動をしているときには、空腹感を感じることはほとんどありません。

運動をしたあとしばらくの時間も、空腹感を感じずに過ごすことができます。

それに、運動をすることによって空腹感を紛らわせることができるんです。

家でじっとしているとあれこれ食べたくなってしまいますから、散歩でも良いので1~2時間外に出ることによってファスティングが成功しやすくなりますよ。

準備と運動をきちんとおこなえば、ファスティングは案外つらいものではありませんし、胃腸がすっきりして体も軽くなります。

一度成功すればコツがつかめますし、今後は気軽にファスティングができるようになりますよ。

スポンサーリンク

サイト内検索