ファスティングで効果を絶大に発揮するヨーグルトメニュー

imasia_13980710_XL

スポンサーリンク

ファスティングダイエットとか、プチ断食と言われるものがありますよね。

2日間~3日間程度の短いあいだ断食をすることでデトックスをして、体をリセットすることができます。

プチ断食・ファスティングの具体的方法

【ヨーグルトプチ断食】
■用意するもの
ヨーグルト   ……500グラム
水(炭酸水でも)……4リットル
豆乳      ……2リットル

おかゆ(味付けなし)……2食分
具なし味噌汁    ……2食分

■断食準備
前日の夕食は軽めの和食にし、腹八分目にとどめておく。

■1日目
ヨーグルト100グラム
豆乳400ml
を、3食食べる。
水は1日に2リットルを目安に飲む。

■2日目
朝・昼は前日と同じように。

夕食にはおかゆと具なし味噌汁を食べる。
水は2リットルを目安に飲む。

■3日目
朝食はおかゆと具なし味噌汁。
昼食からは軽めのメニューでいつも通りに。

ヨーグルトプチ断食の場合は、3食ヨーグルトを食べます。

その際に豆乳400mlも一緒に摂取しますが、空腹感に耐えられそうになければ200mlを6回に分けて飲んでもかまいません。

水分補給をしっかりすることでデトックス効果を高めるので、水はたっぷり摂りましょう。

炭酸水の方が満腹感が得られやすいのでおすすめですよ。味のない炭酸水がツライようならレモンを絞ると良いでしょう。

レモンを加えることで脂肪燃焼が促されるというメリットもありますよ。豆乳が苦手な方は野菜ジュースにしてもOKです。

プチ断食は準備と復食が重要

プチ断食を始める前夜の夕食がこってりメニューだったり食べ過ぎたりしているとプチ断食とのギャップが大きく空腹感に耐えるのがつらくなります。

前日の食事はできれば朝食・昼食もあっさりめのメニューにして、夕飯はいつもの半分ぐらいの量に抑えておくとスムーズにプチ断食に入れますよ。

復食は、徐々に胃を慣らすようにすることが大切です。いきなり普通の食事をしてしまうと胃にかかる負担が大きくなってしまいますから、必ずおかゆと具なし味噌汁から始めましょう。

2日間にわたって断食をしたあとは、味のないおかゆでもとても美味しく感じられるものです。この感動をしればプチ断食にやみつきになりますよ。

どうしてもそれでは物足りない、という人は梅干しや海苔を添えるようにしましょう。おかゆの量は茶碗一杯にしておいてくださいね。

プチ断食が終わって通常の食事ができるようになっても、脂っこいものにすぐにがっつくのは控えておきましょう。

せっかく胃腸をデトックスしたのですから、しばらくはきれいな胃腸を維持できるようにするのがおすすめですよ。.

スポンサーリンク

サイト内検索