低カロリー食品の置き換えはNG!酵素ドリンクが最適理由とは?

スポンサーリンク

酵素ダイエットは、酵素ドリンクを飲むことによってダイエットをする方法です。

その具体的な方法としては主に2つあり、1つは3食のうち1食~2食を酵素ドリンクに置き換える方法。

もう1つは2~3日のあいだ酵素ドリンクで栄養補給をしながら固形物はとらずにファスティングする、という短期集中タイプの方法です。

低カロリー食品の置き換えはNG!

置き換えダイエットというと、他にもダイエットシェイクやダイエット食品、もしくは豆腐やこんにゃくといった低カロリーな食品に置き換えるという方法があります。

豆腐やこんにゃくといった商品を使うのは、あまりおすすめではありません。

カロリーカットはできるものの、ビタミンなどの必要な栄養も不足してしまうからです。それに比べてダイエット商品はカロリーを抑えつつ必要な栄養が摂取できるように作られているので安心です。

酵素ドリンクはデトックス効果も♡

もちろん酵素ドリンクにも栄養は豊富で、しかも酵素ドリンクの場合は、ただカロリーを抑えるということだけでなく、「デトックス効果」もあるんですよ。

ダイエット食品でも食物繊維が入っているようなものはありますが、酵素ドリンクの方がデトックスという点に関しては優れていると言えるでしょう。

ファスティングではどうでしょうか。ファスティングとは「断食」のことですが、ここでは修行ではなく、かと言って胃カメラを飲むための絶食でもありません。

ダイエット目的の「プチ断食」のことです。

酵素ドリンクを使う場合は、酵素ドリンクをメインに水や、その他酵素ドリンクを割るためのジュースなどのみを摂取して、2~3日は固形物を摂らないことで体をデトックスして痩せやすい体作りをするのが狙いです。

ヨーグルトよりおいしく満腹感あり!

酵素ドリンク以外では、ヨーグルトを使ったファスティングが一般的ですが、ファスティングをするならヨーグルトよりも酵素ドリンクの方が良いでしょう。

ヨーグルトの場合はプレーンヨーグルトを使いますが、プレーンヨーグルトを2~3日のあいだ食べ続けるのはけっこうつらいものです。味が単調なので飽きますし、栄養面を考えても酵素ドリンクの方が栄養が豊富です。

ヨーグルトを使うなら、酵素ドリンクとセットにすれば相乗効果で効果が高まりますよ。また、酵素ドリンクは味が濃いので腹持ちがよく空腹感を感じにくいというのも魅力です。

このように酵素ドリンクは、必要な栄養を摂りつつカロリーカットができて、水やジュース、豆乳などさまざまな飲み物と相性も良いので飽きにくいというメリットもあります。

満足感もあるのでつらい我慢をしなくても長続きしやすいのも酵素ドリンクの大きなメリットではないでしょうか。

スポンサーリンク

サイト内検索