食べる時間と回数を気を付けるだけで簡単ダイエット!

スポンサーリンク

ダイエット方法にはいろいろとありますが、食事の回数や、食事をする時間については考えたことがありますか?

夜食を食べちゃダメな理由は?

まず、食事をする時間についてですが、夜遅くに食べるのはダメ、と言いますよね。

夜というのは、あとはお風呂に入って寝るだけ、ということが多いと思います。

つまり、せっせとエネルギーを使うようなことはしない、ということです。

ですから夜にたくさんのエネルギーを摂取しても、エネルギーが余ってしまった体脂肪になりやすい、と言われています。

実際には食べ物を消化するのには時間がかかるので、食べたものが寝ているあいだに即体脂肪になるというわけではありません。

でも、寝ているあいだに消化器官が動いている、というのは体に良くなさそうだと思いませんか?寝ているあいだにも体は働いていますが、本来は体と脳を休め、傷んでいるところを修復するための時間です。

消化に手間を取られていては、体がしっかり休まりませんから、寝る前にたくさん食べるのは良くありません。

ギリギリ何時まで食べてもOK?

少なくとも寝る3時間前には食事を終えるようにしておきましょう。理想としては、19時ごろには夕飯を済ませておくことです。

これなら22時に寝るとしても十分時間があります。お仕事などの都合でそんなに早い時間に食事ができない場合は、仕事中におにぎり1個でも食べておくことをおすすめします。

そうすれば帰ってからは軽いおかずやスープだけで済ますことができるので、比較的太りにくいと言えます。

食事回数は何回が一番イイの?

食事の回数については、諸説あるのでこれが絶対に正しい、というものはありません。

1日1食だとか、1日2食の方が良い、という説もあれば、1日5食というものもあります。

どれも権威のあるお医者さんが発表していたりするのでどれが良いのか分かりませんよね。

食事の回数を考えるときには、どの回数だと食べすぎを防げるか、ということを考えてみると良いでしょう。

たとえば、おなかがすいているわけではないのに、お昼休みになったら昼食を食べ、夜になったから夕食を食べる、というような人であれば、無理に食べなくても、お腹がすいた時だけ食べるようにすれば良いですね。

逆に、食事と食事との時間が空きすぎるとつい食べ過ぎてしまう、という人は空腹感を感じにくくするために、3食分の食事を5回に分けて食べるのも良いでしょう。

朝・昼・晩の3食に加えて、朝10時頃と昼の3時頃におやつ(フルーツなど)を食べる、という方法もあります。

太ってしまうのは、摂取カロリーが多すぎるということです。

効果的に、しかもストレスなく摂取カロリーを減らすために、食事の時間に気をつけつつ食事回数についても工夫してみましょう。.

スポンサーリンク

サイト内検索