お風呂で消費カロリーを高く!3つの入浴法で痩せる効果をアップ

スポンサーリンク

ダイエットには、いろいろな方法があります。

脂肪を減らすには主に食事制限やカロリーコントロールが必要ですが、運動も欠かせません。

運動すると消費カロリーが増えるだけでなく、筋肉が増えて太りにくい体になる・体力がつくなどよって、生活が楽しめるようになるというメリットもあります。

ダイエットでは、基本的に食事と運動に重点を置きます。

しかし入浴法も工夫することで、よりダイエット効果をアップできます!

特に効果のある入浴法といえば半身浴が代表的ですが、ここでは半身浴以外の入浴法についても紹介します。

【温冷交互浴】

温かいお湯と、水を交互に体に当てる入浴法です。それぞれ30秒ずつ、5回ほどくり返します。

温度差により「褐色脂肪細胞」を活性化するのが目的の入浴法です。しかし温度差によって体に負担がかかるので、高齢な人や健康でない方は控えた方が良いでしょう。

【反復入浴法】

反復入浴法は消費カロリーも高く、体への負担も比較的少なくて済むので、オススメの入浴法です。

3~5分程度の入浴をくり返すことで、入浴→髪を洗う→入浴→身体を洗う→入浴

このようにおこないます。

ダイエットにおすすめですが、体を洗う前に浴槽に入ることに抵抗がある人もいますよね。その場合は先に体を洗ってから、

入浴→髪を洗う→入浴→マッサージジェルでマッサージ→入浴

としても良いでしょう。

お湯の温度は42~43度程度が理想です。体の冷えを解消し、肩こりや腰痛を改善する効果もあります。

【半身浴】

みぞおちぐらいの高さまでお湯につかる入浴法です。38~40度程度のぬるめのお湯に、15分ほど入浴します。

ゆっくり温まることで血行が良くなるほか、リラックス効果も高い入浴法です。本を読んだり、キャンドルを灯して瞑想したりと自由に楽しむことができます。

ただ長時間入浴していると湯温が下がってくるので、追い炊きをしてガス代が高くなることもあります。

ポイント

・かけ湯をしてから入る
はじめからお湯につかるときは、必ずかかり湯をします。

浴槽にゴミや汚れが入るのを防ぐためでもありますが、心臓へ負担をかけないためでもあります。

・古い家に住んでいる場合
浴室が冷えやすいので、半身浴よりも反復入浴の方が向いているでしょう。

これがベスト、ということはありませんから、自分の好みに合わせて入浴法を選ぶと良いですよ。

スポンサーリンク

サイト内検索