体にいい油ってなに?油の種類と効能を知っておいしくダイエット

imasia_1036817_XL

スポンサーリンク

油=どれも太るものと思っていませんか?しかし、油には「いい油」「悪い油」があります。いい油を摂取ると、太るどころか逆にダイエット効果があるんです。いい油を知って食事に生かしましょう♪

体にいい油・悪い油って?

脂質には飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸の2種類があります。飽和脂肪酸は常温で固体、バターやラードなど体にたまりやすい油。不飽和脂肪酸は常温、体にたまりにくい油になります。しかし、どれも体に必要なので適量は摂取すべきです。

ただ、あまり過剰に摂取するとそれは脂肪として体に蓄積され、肥満の原因になってしまいます。でも体にいい油をとると、油をとっていてもダイエットの効果があるんですよ。

体にいい!3つのオイルのうれしい効果

★ココナッツオイル・・・ラウリン酸

  • 体にたまりにくい中鎖脂肪酸
  • 美肌効果

ココナッツオイルはココナッツの胚乳からしぼった油です。体にたまりにくい中鎖脂肪酸のひとつ、ラウリン酸が多く含まれるために体にたまりにくいのが特徴。

さらに、ビタミンEの一種で、強い抗酸化作用のあるトコトリエノールも含まれているので、美肌効果もあり!

★オリーブオイル・・・オレイン酸

  • 乾燥肌の予防
  • 胃腸の調子を整える

オリーブの果実から抽出した油です。熱に強く、加熱調理ができるのでさまざまな料理に活用しやすいところがポイント。

便秘予防・改善効果があるので、デトックス効果あり!さらに、抗酸化作用のあるポリフェノール・ビタミンEが含まれているので、アンチエイジングにも◎

★エゴマオイル・・・α-リノレン酸

  • 生活習慣病のリスクを抑制
  • アレルギー緩和

血糖値の上昇を抑制する効果があるため、ダイエット効果に期待できます。さらに高血圧・血栓を予防する効果やアレルギー緩和の効果もあるのが特徴。α-リノレン酸は体内で合成されないので、積極的に接種したいところです。

どうやって、量はどの程度とるべき?

★ココナッツオイル

調理方法:加熱OK!炒めものからサラダのドレッシングなど、いろいろ応用がききます。
1日のオススメ摂取量:大さじ1杯

★オリーブオイル

調理方法:ココナッツオイル同様に加熱可能なので、温冷どちらにもたくさん使えます!
1日のオススメ摂取量:大さじ1杯

★エゴマオイル

調理方法:加熱はNGの油です。サラダや冷ややっこなどにかけるのがオススメ。
1日のオススメ摂取量:小さじ1杯

スポンサーリンク

サイト内検索