VIO脱毛を徹底検証!サロン・医療クリニックの違いや効果

スポンサーリンク

友だち同士で脱毛の話をすることはあっても、チョット聞きにくいアンダーヘアーの脱毛事情。自分で「うっとうしい」「見た目が悪い」と思っても、なかなか「処理しよう」と思わない部分かもしれません。でも、じつはアンダーヘア脱毛は人気。その理由は・・・

VIOってどの部分をいうの?

Vライン(ビキニライン)
デリケートゾーン上部。お腹にかかる上の部分と、脚の付け根であるサイドになります。 下着や水着を着たとき、はみ出さないように処理します。

Iライン(陰部の両側)
女性器周りの部分。ここを脱毛することで、ムレやかぶれ、雑菌の繁殖、においの軽減につながります。

Oライン(肛門の周辺)
お尻の穴まわりです。脱毛することで衛生的にできます。

VIO脱毛するとこんなメリットが♪

VIOライン脱毛が人気なのは、こんなメリットがあるからなんです!

  • ムダ毛がチクチクしない!
  • 男性(旦那)ウケがいい!
  • 陰部のニオイや不快感を減らせて衛生的!
  • スキな水着やショーツも、ムダ毛を気にしないで着れる!

これだけ効果があるのはウレシイですよね。とくに、ムダ毛を処理すればムレやにおいの原因もなくなるので、生理中の不快感を軽減できます。

ボーボーの剛毛でジャングルみたいになってる・・・なんていう人は、処理したら世界が変わるかも!?

6割の男性がVIO処理を「当たり前」と思ってる!

都内の男性にアンケートをとったところ、なんと男性の6割が「女性はアンダーヘアのケアをして当然」と答えたといいます。なんとも耳の痛い結果・・・。

さらに、女性も全体の7割が「アンダーヘアを手入れしている」と回答しています。

パートナーから何も言われなくても、「言えないけど、じつはムダ毛が気になる」という男性が結構多いということでしょう。

でも自分でお手入れするのは難しい!

気になりはじめたVIO(ハイジニーナ)の脱毛。でも、もちろん自分から見える部分ではありません。鏡を見ようにも、おしりの奥だからうまく見えない!

そんなに見づらくて、デリケートな部分をハサミやカミソリなんかで処理したら・・・かゆみやかぶれで大変なことに!

さらに、脱毛・除毛クリームはVIOラインに使えない!というものが多いです。このため、VIO脱毛できるサロン・クリニック家庭用脱毛器で処理している人が多いんです。

エステVSクリニックのVIO脱毛

特徴&メリット・デメリット比較!

エステ(脱毛サロン)

クリニック(病院)

脱毛方法

光脱毛

毛根のメラニンに光を反応させる

レーザー脱毛

1点にレーザーを集中させ、
毛根にダメージを与える

機器を扱う資格

必要なし

火傷の危険があるため、
診断できる医師、ナースのみ

回数

約10~20回、多いと40回

約6~10回
(1回でエステ2.3回の効果)

通う期間

約2年~

約1年~1年半

効果

定期的に通う必要あり
効果は一時的

威力が強い
永久脱毛がほとんど
その後は自己処理ナシ

痛み

レーザーより痛くないことが多い

人により痛みが強いことも

費用

低価格の傾向だが、
回数がかかると高くなることも

数万円~で高めだが、
設定された回数内で終わる

トラブル対応

病院を紹介される

医師が無料で対応。薬ももらえる

通いやすさ

店舗移動が自由な所もある
全国に店舗がある

都心に集中

施術が2~3ヶ月に1回ペースの理由

これには、「毛周期」が関係します。

毛周期とは、体毛が【成長期→退行期→休止期】の3段階をくり返し、生えて抜けるサイクルのことです。

・一般的な脱毛マシンは、「成長期の毛」にだけ効果がある
そのため、毛周期に合わせたペースで施術する必要があります。

・脱毛したい部位のすべての毛が、同じ周期にあたることはない
すべてのムダ毛に効果を与えるため、何度も施術する必要があります。

あなたはどっちがおすすめ?タイプ別脱毛方法

エステでの脱毛が向いてるパターン

  • 安いほうがいい
  • 痛みが不安
  • 毛が薄めである
  • 今より毛が薄くなればOK
  • 回数が増えても大丈夫

クリニックでの脱毛が向いてるパターン

  • 早めに終わらせたい
  • 完全にツルツルに永久脱毛したい
  • 毛が濃いほうである
  • エステの脱毛であまり効果がなかった
  • 医師にカウンセリングしてもらいたい

クリニックのほうが早く終わる理由

・パワーが強いレーザー脱毛だから!
エステサロン・クリニック・脱毛器では、それぞれ機械のパワーが違います。

クリニックなら、パワーの強いレーザー脱毛器で施術できるので、サロンよりもはるかに早く脱毛が完了します。

レーザーで毛根を熱するのは、医療行為です。そのため、照射力の強いレーザー脱毛は医療機関であるクリニック(皮膚科・美容外科)でしかおこなえません。

サロンの光(フラッシュ)脱毛はそれよりも弱いので、徐々に毛を細くしていくことになります。

そのため、クリニックの3倍以上の回数を通わなくてはならないのです。家庭用脱毛器も、サロンと同じかそれ以上の回数のお手入れで、脱毛が完了します。

クリニックでのVIO脱毛がお得な理由

クリニック=高くて痛い!と思うかもしれません。

でも、最近VIO脱毛で人気のクリニックで使う脱毛マシンは、痛みがかなり軽減されています。そのため、ほとんど痛みを感じなかった!という意見も。

・どうしても痛みが不安なときは?
クリニックなら、麻酔を使ってもらえる場合もあります。医師の指導のもと行われるので、安心です。

・「早く終わって効果も高い」から、おトク!
料金面ですが、クリニックはサロンよりも早く終わるので、必然的にコスパも◎!もちろん、サロンかクリニックどちらにするか決めるのは自分自身です。

しかし、意外とクリニックはおトクなんだ!ということを覚えておくといいかもしれません。

サロン・クリニックの選び方・注意点

・施術できる部位をチェック
Vラインといっても、「Vライン上、センター、サイド」などと3パーツに分かれていることがあります。

すると1回ごとの料金や消費回数も違ってくるので、どう分けられているか?確認してみてください。

また、クリニックによっては粘膜部分まで施術できるところもあります。

仕上がりにこだわる人にオススメです。

・生理中は施術できない
生理中は肌が敏感になっていること・衛生面の問題により脱毛はできません。予約とカブってしまったら、別日を予約しなくてはならないんです。

人気店だと、「契約してやっとの思いで予約がとれたのに、生理と重なってまた何ヶ月も先になっちゃった・・・」という悲劇もあります。

そうならないためにも、気になるお店でカウンセリングを受けて、「予約はとりやすいか?」チェックしてみてください!

サロンやクリニックならオーダーどおりにしてくれる!

サロンやクリニックのVIOプランでは、形や毛の量を注文どおり整えてくれます。ガッツリなくしたいなら全部脱毛も可能。

処理している感のない自然な形から、ハート型といった個性的なものまであります。

エステサロンによっては、脱毛前に「Vラインシート」をくれる場合があります。これは、Vライン脱毛の範囲がわかる型紙で、これを当てて前処理できる便利アイテム!これがあれば、どこまで自分で手入れすればいいかわかりますよね♪ネット通販でもカンタンに買えます。

アンダーヘアの形は自分で選べる!

サロンやクリニックで脱毛すると、形を選ぶことができます。とくにポピュラーな形は以下のとおりです。

スクエア形
上の長い台形のような形。もとある形を残しつつ毛の量や厚みをなくせるので、自然さと清潔感を両立できます。はじめてVIO脱毛に挑戦する人にオススメ☆

逆三角形(大きめ・小さめ)
前だけ見た目が三角形であとは処理されているので、ナチュラルな仕上がり。ガッツリ処理している感じがしないと、男性からの評判もいい♪

自然な仕上がりです。

オーバル形(楕円型)
とくに海外で人気がある、タマゴ形のようなスタイルです。細長いので、どんなデザインの下着であっても、ムダ毛がはみ出す心配はありません!

全処理(パイパン)
アンダーヘアを完全に脱毛したスタイルです。すべて処理するので、もちろんどんなオシャレも楽しめますし、ムダ毛のトラブルに悩まされることもありません。

ハート、星形
個性派。アンダーヘアでもオシャレを楽しむタイプです。バレンタインなどのイベントのとき、海外で人気なのだとか。

Vラインを残すという選択肢もアリ?

トライアングルの脱毛は、ヘアの量を少なくすることもできます。剛毛で悩んでいる方にオススメです。すべて脱毛するのではなく量を減らすだけでも、見た目はもちろんスッキリした感覚も手に入れられます。

同じアンダーヘア脱毛でも、範囲が狭かったり細かく分けられていて、その箇所ごとに料金がかかる場合もあります。VIO脱毛は、お店によって範囲がそれぞれ違います。

Vラインの範囲

Vインサイド、ビキニラインサイド
下着の横からはみ出る部分。太ももとの付け根

Vライン上、ビキニライン上、トライアングル上
下着の上からはみ出る部分

トライアングル、トライアングル下
下着で隠れている部分

お店によって、このうちの1つを1部位とカウントするところから、まとめてVラインと呼ぶところもあるので、契約しようとしているのが、どの部分まで脱毛してくれるプランで、どの部分は含まれないのか?しっかり確認しましょう!

サロン・クリニックはどんな姿勢で施術する?

「どういう風に施術するんだろう・・・」「恥ずかしい!」そんな不安がありますよね。多くのサロン・クリニックで一般的なのは「うつぶせ状態でおしりを広げ、レーザー(光)を照射」というもの。

お店によっては、「仰向けで片足を開いて照射」というところも。なかには「四つん這いで照射」というところもありますが、これは少ないとのこと。施術をおこなうのは女性なので、気にしなくて大丈夫♪

スタッフさんも、いろいろなお客さんを何百人と相手にしているので、なんとも思っていません。恥ずかしいことはありませんよ。

不安ならおためし体験してみちゃおう☆

エステやサロンでは、無料や数百円~千数百円などリーズナブルなおねだんで、デリケートゾーンのおためし脱毛をおこなっているところもあります。

「処理するとどんなふうになるんだろう・・・」と不安な人は、1回ためしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

サイト内検索