光脱毛2種類&医療レーザー脱毛4種類の特徴とは?

スポンサーリンク

サロンやクリニックのホームページには、脱毛の機械の種類や方法について
「最新の◯◯レーザー」や「◯◯ライト使用」などと書かれているけど、どういうものなのかよくわからない……。

そんな専門的でわかりにくい脱毛機の種類について、わかりやすく解説します。

光(フラッシュ)脱毛2つの種類

  • IPL(インテンス・パルス・ライト Intense Pulse Light脱毛

・黒いメラニン色素に反応する、光エネルギーを使って、毛根にダメージを与えると、毛が抜け落ちる。IPLという光を毛に照射すると…毛根にある毛母細胞が反応
→ 毛母細胞に含まれるタンパク質が熱で固まり、毛根ごと抜ける。

・このように毛の組織を壊す行為なので、原理は医療レーザー脱毛と同じです。しかし医療レーザーよりは出力が弱いので、サロンでも扱えます。

・1回の施術ですべての毛根を破壊できないので、何度も施術する必要があります。
使用サロン ミュゼ、脱毛ラボ

  • SSC(スムース・スキン・コントロール Smooth Skin Control)脱毛

・光に反応するビーンズジェルを塗る。このジェルはすぐに毛穴に入り、毛根にある毛母細胞にひっつく。
→ そこへ光を当てるとジェルが反応して、毛根の機能を止めるので毛の成長も止まり、抑毛ができる。

・お肌はほとんどダメージを受けないので、顔やVIOの脱毛に向いています。

・毛穴には毛母細胞がまだあるので、機能はしていませんが永久的に脱毛効果があるわけではありません。
使用サロン 銀座カラー

医療レーザー脱毛4つの種類

  • ダイオードレーザー

・黄色人種である日本人に最も適している

うぶ毛にも効果があり、火傷の心配も少ない優れた機械

  • アレキサンドライトレーザー

・ダイオードレーザーと同じくよく使われる機械。

・冷却しながら照射するのでジェルを使わず、照射範囲が広い。

  • YAGレーザー

・ダイオードやアレキサンドライトレーザーより効果が低い。

しかしこの2つで脱毛できないほどの色黒や日焼け肌の方でも、安全に脱毛できる。(メラニン色素をもつ細胞のみに反応するため)

  • ライトシェアデュエット

痛みがほぼない。施術時間も今までの1/3

・吸引で皮ふを伸ばし、毛のメラニン色素のみ選んで照射するため、出力が弱くても高い効果あり

どこの脱毛も同じようなものだと感じても、実はそれぞれ脱毛の方法が違っているんですね。使っている機械の特徴を比べれば、自分に合った脱毛を選びやすくなります!

スポンサーリンク

サイト内検索