脱毛前の処理は市販のカミソリ派の方へ。選び方のポイント

スポンサーリンク

脱毛する前は、自己処理をする必要があります。電気シェーバーよりも手軽だし、旅行先へも持って行きやすいため、市販のかみそりを使う方は多いです。 

でも、脱毛する前や旅行などの大事なイベント前の処理でミスをして、大事なお肌を傷つけてしまっては、元も子もありません。そこで、カミソリの選び方と種類を紹介します。

カミソリのオススメ選び方 

・”安全ガードつき”のもの
代表的な製品だとSchick(シック)にはセーフティーワイヤーがついていて、ミスをしても肌を傷つけにくくなっています。

・持ち手がしっかりしている
替刃式のほうが、使い捨てよりも柄がしっかりしていて持ちやすく、首振りできるものもあるのでおすすめです。

持ちやすいかどうかはかなり重要で、剃り心地やスピードが全然ちがってきます。替刃式でなくても、有名な製品の使い捨ては持ち手がしっかりしているものが多いです。

T字カミソリなどは100円ショップでも売っているので、剃れればいいや…と、ついつい安いものを選びたくなります。

しかし、しっかりしたメーカーのそれなりの商品は持ちやすいので剃りやすく、ガードがあるので失敗しにくいです。

安いカミソリはすぐにサビて使えなくなったりするので、いいものを使ったほうが結果として安く快適に使えることもあります。

安いカミソリしか使ったことのなかった方は、ぜひ良い剃刀を使ってみてください。

カミソリ負けをしてしまったら?

色々な皮ふの症状に使えるオロナインを塗ると、ヒリヒリが軽減されます。ベタベタするときは、オロナインを塗った上にバンソウコウなどを貼る方法もらいます。

しかし、やはり治りが悪いときは悪化させないためにも、皮ふ科で診てもらったほうが良いです。処理するときは専用のシェービングソープを使うことで、失敗しにくくなります。

カミソリやハサミは、飛行機に持ち込めないことも

会社によっても違いますが、カミソリやハサミは持ち込めないことがあるので注意が必要です。

JALでは、「T字剃刀や化粧用の小さな(眉毛用)剃刀は、刃体の長さが4cm以下であれば機内持ち込み可能」「ハサミは刃体が6cm以下で先が著しく尖っておらず、また刃が鋭利でないものは持ち込み可能」このように明示されています。

旅行先でカミソリを忘れて、海に入るのに買いに行く時間もなくて…

なんて失敗をしないためにも、脱毛しておくとどんな時でも安心かもしれません。

夏に間に合わせるためには、脱毛をはじめる時期は「秋・冬」がベストです!

スポンサーリンク

サイト内検索