いつ見られてもOK!女度アップに欠かせない、背中の処理方法

スポンサーリンク

背中は面積が広く平らなので、特にうぶ毛が目立ちやすい場所です。

背中ムダ毛が特に目につく場面① 結婚式、パーティー(ドレス)
いくらブライダルエステやマッサージでお肌がきれいになりスタイルが良くなっても、ムダ毛が残っていたらすべて台無しになってしまうかもしれません。

背中ムダ毛が特に目につく場面② 海、プール(水着)
腕やわきはきれいに処理できても、背中の処理が行き届いていないとガッカリなことも…。

背中のうぶ毛、ムダ毛を処理する2つの方法は?

脱毛する

自分では見えず、手が届かない場所だからこそ、プロに頼むことで満足できる美肌をゲットできます。

背中の脱毛は、全身脱毛のプランで背中を選択し脱毛する場合が多いです。コースによって、背中のみ重点的に選べるプランや、他の部位も脱毛できるプランがあります。

・クリニック、美容外科
医療機関のレーザー脱毛は光脱毛より効果が高いので、少ない回数で脱毛が完了します。

・サロン、エステ
光脱毛のサロンが増えたことで、価格競争が激しくなり今はびっくりするくらい安い料金で脱毛できる場合もあります。

自分で処理する

・背中は荒れやすい部分。カミソリの衛生面に注意

カミソリでがんばって手を伸ばして剃っても、そり残しができてしまいうぶ毛が余計目立つ恐れがあります。

そして背中は特に敏感な部分で、荒れやニキビができやすい場所です。

・湿度の高いお風呂場にカミソリを放置する
・家族で共用する
これらを行うと刃に雑菌が増え、肌トラブルの原因にもなってしまいます。
カミソリを使ったら乾燥できる場所で保管し、定期的に刃を交換することが大切です。

・除毛クリーム、ワックスはパッチテストをしてから
除毛クリームは毛を溶かすことで除毛する商品、ワックスは毛根から抜く方法なので、肌への刺激があります。

せっかくきれいにするために使うグッズです。特に敏感な背中への使用で、荒れやヒリヒリが起きたらショックですよね。

パッチテストをして、問題ないことを確認してから使うことが大切です。

・家族や夫などに手伝ってもらう
自分ではやりにくいところだから、ついつい家族などに手伝ってもらえばいいや、と思いますよね。

でも、慣れていない他人だと力加減がちがい、肌を傷つけたりヒリヒリしてしまう場合があります。結婚式などの大事なイベント直前に処理して、失敗してしまうことだけは避けたいですよね。

スポンサーリンク

サイト内検索