自己処理でどんどん黒ずむ。脱毛でワキの黒ずみをストップ!

スポンサーリンク

どれだけていねいにカミソリで剃っても、ワキが黒ずんで見える…。なんで?!

しっかり剃ったつもりなのに、お肌が黒ずんで見えていると、ショックですよね。腕を上げなければ見えない部分だけど、やっぱり気になるからノースリーブはやめとこう…。水着も…。

黒ずみのせいで、できるオシャレが減ってしまうのはもったいないですよね。

なぜ、ワキが黒ずむの?

自己処理のダメージによるもの
メラニン色素が沈着すると、肌が黒ずんで見えます。メラニンは、皮ふを守る反応として作られます。そのためワキなどのデリケートな部分は、メラニンが作られやすいのです。

そんなワキを自分で処理すると、肌への刺激となり、メラニンが生成されます。

毛抜きを使うと:毛穴汚れ、埋没によるブツブツ
カミソリを使うと:摩擦で肌に炎症が起きる

自分で処理をすればするほど、ワキは黒ずみが目立ちやすくなってしまいます。


古い角質や汚れの詰まりによるもの
毛穴に詰まった皮脂や角質は、酸化すると黒ずんでしまいます。

消臭スプレーや制汗剤を使いすぎるとその成分が毛穴をふさいで炎症になり、メラニンが生成されることもあります。

体質によるもの
メラニンが作られる量には遺伝的な要素もあると言われ、ワキが黒ずみやすい場合もあります。

サロンの脱毛で、黒ずみを止める!

「毛抜きなどで自分でする脱毛」は肌への刺激になり、黒ずみの原因になります。しかし、「サロンやクリニックでの脱毛」は別です。

脱毛したことにより自分で処理する頻度が少なくなる→肌への刺激やトラブルも少なくなる→黒ずみにくくなる、ということです。

脱毛サロンで脱毛すると、黒ずみが消えるわけではありません。ですが、無理な自己処理をしなくて良くなるので、肌がきれいになっていきます。

その他の黒ずみケア方法

皮膚科を受診
皮膚科では治療をしてもらうことができます。メラニンを排出したり漂白作用のあるぬり薬を処方してもらえます。

市販の黒ずみ対策クリームやピーリングジェル
いろいろなものが売られていますが、お肌が弱くデリケートな方は、肌荒れが起きないものを選ぶ必要があります。

スポンサーリンク

サイト内検索