家庭用の脱毛器「ケノン」「トリア」「ラヴィ」はどれがおすすめ?

Epilators isolated on white background

スポンサーリンク

家庭用脱毛器にはたくさん種類がありますが、特に人気なのがこの3つです。それぞれの機能を比べて、どんな脱毛がしたいか?何を優先させるか?によって、おすすめの脱毛器を紹介します。

3種類の脱毛器の特長

ケノン【絶賛レビュー3万件突破!だから選ばれてる脱毛器ケノン

  • 光脱毛器
  • 照射面積が広い(3.7×2.5センチ)から施術が速い
  • 1発、3連射、6連射を切り替え可能
  • カートリッジ交換式
  • スキンケア用カートリッジつき、美顔器にも使える
  • まゆ毛用脱毛器つき
  • 120グラムの軽さ
  • コンセント式
  • 日本製
  • 通常98,000円(税込)が、期間限定69,900円

○照射範囲が広くて軽いから、施術しやすい
○スライド照射機能あり
△価格が高い

ラヴィ【エステでやったような高品質の脱毛

  • 光脱毛器(IPL脱毛)
  • 2×3=6センチの照射口
  • 7段階のレベル調節、4分割照射
  • 最大出力78ジュール
  • フォトフェイシャル用カートリッジつき、美顔器にも使える
  • 30日間返金保証あり
  • 46,667円

○価格が比較的安い
○返金保証あり
△照射範囲、チャージ時間などケノンより若干劣る

トリア【新発売】トリア・パーソナルレーザー・プレシジョン

  • レーザー脱毛器(ダイオードレーザー)
  • 5段階の出力レベル
  • 定期的なお手入れで、早くて3ヶ月で効果あり
  • 日本上陸10周年
  • 全身用54,800円(税込)(敏感用小サイズ36,800円)

○痛みは強いが、効果が高い
△照射範囲が狭いので、時間がかかる

タイプ別 おすすめはコレ!

  • 使いやすさ&万人受けは、ケノンがおすすめ
  • 確実に脱毛効果が欲しい方は、トリアがおすすめ
  • 安さを優先させるなら、ラヴィがおすすめ

ケノンとラヴィを比較すると、機能的にはケノンのほうが優れています。しかしそのぶん、価格が高いです。

使いやすさは個人によってちがうので、価格・機能・デザインなどを天秤にかけて、どれを優先させるか?で決めたほうがよさそうです。

脱毛は、痛みが強いほど毛根にしっかりダメージを与えられているということになるので、痛いほうが効果は高いです。

だけどサロンでは目かくしをされる状態でバチっと照射されるので、不安もありますよね。

家庭用の脱毛器なら、痛みが心配でも自分のペースで照射できるので、家で好きなように脱毛したい方にはピッタリです。

スポンサーリンク

サイト内検索