うなじ・背中を自分で処理するには?使える脱毛アイテム

スポンサーリンク

家にいながら自分で脱毛するには、次のような4つの方法があります。
お肌への負担や手間をチェックして、やりやすい方法で処理をしてください。

方法

道具

メリット

デメリット

剃る

カミソリ、シェーバー

肌から伸びている部分を切断する。全身にできて、手軽

断面が広いので、ボツボツ見えることも

抜く

電気脱毛器、ワックス、テープ、毛抜き

毛根から毛を抜くので効果が長続きし、仕上がりもキレイ

毛穴が開いてしまい痛み、荒れが出ることも。自分での毛抜きは負担が大きいのでNG

溶かす

除毛クリーム

肌から伸びている毛を薬で分解する。塗るだけなのでケガや痛みはないことが多い

長期間使い続ける必要や、処理に時間がかかる割に長持ちしない、敏感肌の方は荒れてしまうことも。

うなじ・背中を自分で処理するには?

  • うなじ(えり足)と背中が毛深い…
  • アップヘアできれいに髪をまとめたい
  • 水着やドレスを着る予定がある

こんなとき、キレイなうなじ&背中に見せるため、ムダ毛を処理する必要が出てきます。

うなじ&背中の自己処理には、こんなアイテムが役立ちます♪

・持ち手の長い背中用シェーバー、脱毛ローラー

持ち手が長いので、背中まで届きます。ローラー式になっていて、安全に使えるものも。

・顔用のシェーバー

刃にガードがついているため、手元が狂ってもケガをしにくいです。

・脱毛タオル

タオルの繊維でムダ毛を切るものです。背中のピーリングもできます。

首の付近はとてもデリケートなので、処理するときは特に気をつけてくださいね。

どのアイテムも数百円~2000円ほどで買えます。

ただ、そり残しができてしまうことも…。カンペキな処理は難しいです。

このように頑張れば自分で処理できるとはいえ、手が届きにくく繊細な場所なので、ひんぱんな自己処理はおすすめできません。

脱毛サロンやクリニックでプロにしっかり脱毛してもらえば、どんなイベントが突然あっても安心!

いつでも準備OKでいられるようになります♪

スポンサーリンク

サイト内検索